週刊金融日記 第278号 ビットコイン・アービトラージ ~市場に札束が落っこちていた、安倍内閣改造で支持率回復なるか、六本木の焼き鳥ワインバー、ビットコインが今後も分裂を繰り返せば無リスクでどんどん富を創造できるのでは、他

// 週刊金融日記
// 2017年8月7日 第278号
// ビットコイン・アービトラージ ~市場に札束が落っこちていた
// 安倍内閣改造で支持率回復なるか
// 六本木の焼き鳥ワインバー
// ビットコインが今後も分裂を繰り返せば無リスクでどんどん富を創造できるのでは
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 台風が来ていますね。月曜日の朝には四国に近づいて、その後、近畿、東海と進んでいくようです。みなさん、外出の際には気をつけてください。

●台風5号 あすの朝四国へ 九州や東海などでも猛烈な雨のおそれ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170806/k10011089991000.html

 ビジネス経済誌週刊SPA!で「ビジネスの法則」について取材協力しました。パレートの法則やべき乗則など、ビジネスに役に立つ様々な法則の特集です。

『週刊SPA! 2017年8/8号 負け組独身男の横顔、他』 http://amzn.to/2vum2Tp

 さて、僕は金融ブロガーとして、さすがに暗号通貨関連のことはある程度わかっていないといけない、ということで気楽な気持ちでビットコイン関連の記事を勉強がてら書いていたのですが、まさか、こんな素晴らしい体験がすぐにやってくるとは、まったく思ってもみませんでした。もちろん、儲かった、ということもあるのですが、それ以上に、金融史的な観点でも極めて特異なイベントに立ち会え、そこで最前線で理論を構築し、それがすぐに実証できた、という幸運に恵まれました。

『週刊金融日記 第275号 いまさら人に聞けないビットコインとブロックチェーン・テクノロジー』
『週刊金融日記 第276号 ビットコインは本当に世界を変えるかもしれんね』
『週刊金融日記 第277号 ビットコイン分裂の経済学』

 今週号は、僕がやったビットコインのトレーディングをほぼすべて書いたので、けっこう長くなってしまったのですが、このレポートを読むための前提知識として、どうしても「先物」の理解が必要です。先物というのは、日経平均先物など、もっとも身近なデリバティブなのですが、証券会社で働いている人も含めて、驚くほど多くの人がちゃんと理解していません。
 先物と現物の関係がわからない人は、昔書いたブログ記事があるので、こちらをまずは読んでください。ブログ記事は違った観点で書いていますが、現物と先物の裁定取引がわかれば大丈夫です。

●日経平均株価は先物で動かせるのか?
http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/51967494.html

 時間がなかったので、ビットフライヤー以外のマーケットは使っていません。ビットフライヤーではビットコインの「現物」「FX」「先物」がトレードできます。これらの差異を最大限に利用したアービトラージ戦略です。

●ビットフライヤー
https://bitflyer.jp/?bf=qrnsepru

 今週号の冒頭の記事が理解できたら、金融偏差値が一気に70超えます! それでは今週もよろしくお願いします。

1.ビットコイン・アービトラージ ~市場に札束が落っこちていた

 先週のメルマガを送ったときはそこそこ大きなポジションを持っていたので書けなかったのだが、約束通りに今週号では、どんなトレードをしたのか詳細に解説しよう。僕は、ビットコインを単にロングして、ビットコイン・キャッシュを取りにいったわけではない。もちろん、「結果的には」それでも儲かったのだが、僕はビットコイン先物を利用したアービトラージをほぼ完璧に行うことができた。儲けた金額こそ大きくないが、アービトラージによりリスクを取らずに大きなリターンを得ることができ、内容的には僕のトレーダーのキャリアの中でもベスト・トレードのひとつとなった。

この続きをみるには

この続き:25,938文字
記事を購入する

週刊金融日記 第278号 ビットコイン・アービトラージ ~市場に札束が落っこちていた、安倍内閣改造で支持率回復なるか、六本木の焼き鳥ワインバー、ビットコインが今後も分裂を繰り返せば無リスクでどんどん富を創造できるのでは、他

藤沢数希

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20

藤沢数希

週刊金融日記

当月無料!経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けします。ブログ『金融日記』では書けないディープで具体的な話が満載。
4つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。