見出し画像

週刊金融日記 第369号 不自由を強いられることこそが幸福の源泉だった、米中貿易戦争で中国は強硬姿勢、やっぱり広島旅行はいいですね、浮気妻と離婚し相手に慰謝料も請求しました、他

// 週刊金融日記
// 2019年5月20日 第369号
// 不自由を強いられることこそが幸福の源泉だった
// 米中貿易戦争で中国は強硬姿勢
// やっぱり広島旅行はいいですね
// 浮気妻と離婚し相手に慰謝料も請求しました
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 福岡でちょっとミーティングがあったのですが、せっかくなので陸路の新幹線で行き、途中の広島にも寄ることにしました。今週のレストラン紹介コーナーに書きましたが、やはり広島は1日で主要な観光スポットを周れていいですね。そして、博多は相変わらず賑わっていて、ご飯は安くて美味しかったです。また、東京の都心以上にコンビニやレストランの店員なんかは外国人が多く、地方都市の中では一番国際化が進んでいるかもしれませんね。

★博多駅も巨大な駅ビルがあり、そこの9階と10階がレストラン街になっています。JRの駅ビルすごいですね。

★博多ラーメンもJR博多駅にらあめん街道なんてものがあり人気ラーメン店が集まっています。

★博多はモツ鍋、水炊き、焼鳥、寿司が有名なんですが、この日は天神の方にある水炊きのお店に行きました。

 さて、福岡といえば美人が多い街として有名です。そして、それは恋愛工学でもさまざまな角度から検証されてきました。で、実際に街を歩いてみるとどうかというと、やっぱり美人密度はふつうにモデルとか芸能人が歩いている麻布十番とかのほうがやっぱり高いんですけど、若い人がすごく多いな、という印象ですね。やはり、食べ物も安くて美味しいし、国際化も進んでいて、福岡は住むにはいい街だな、と思いました。LCCがたくさんあるので、東京には安くいけますね。

『週刊金融日記 第252号 地方ナンパと恋愛市場の地理的効率性について』

 帰りは山口県に寄ったんですが、山口県ってなぜか新幹線の駅が4つもあるんですよね。伊藤博文から安倍首相まで、大物政治家をたくさん出してきた県だけあります(笑)。それで、どの新幹線がどの駅に停まるのかよくわからず、間違えて広島まで行ってしまい、広島から戻ったのですが、そこで偶然にもピンクの新幹線に乗ることになりました。
 ピンクのキティちゃん新幹線についてTwitterで吉野家コピペ風のコメントをしたら、「女子供はすっこんでろ!」とはいったい何事か!とマジレスで怒られてしまい、Twitterの人たちにはもはや吉野家コピペは通じないんだな、と思った次第です。ネット文学の古典的な作品ですので、この辺は教養として知っておいたほうがいいと思いますね。

★ピンクの新幹線に乗車! そして、吉野家コピペへ。

●「吉野家コピペ」17年の時を経てトレンドワードに 生みの親に聞く
https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/yoshinoya-copipe

 米中貿易戦争はいよいよ抜き差しならないところまで来ているようですね。さて、どうなるんでしょうか。
 
★ついにGoogleがファーウェイ端末でAndroidを使えなくする!?

 いつものように面白い投稿がいくつもあります。見どころは以下のとおりです。

- 所長が近眼ならレーシック手術を受けますか
- 21歳の通信学生ですが年収1000万円クラスの人間になりたいです
- 身近な人が成功すると嫉妬してしまいます
- 借上社宅と住宅補助について
- 童貞であることを信じてもらえずつらいです
- 『損する結婚 儲かる離婚』のおかげで浮気妻とスムーズに離婚できました
- 回数を重ねるとセックスから得られる効用もCPSも両方低減していきます
- 変態工学の実践レポート
- ハプバーについてレポートします
- 遠距離恋愛中の清楚で可愛い彼女に同時並行していた悪事がバレたのですがメルマガの通りでした
- 結婚してから妻以外の女性とセックスしていませんが幸せに妻が妊娠しました

 それでは今週もよろしくお願いします。

1.不自由を強いられることこそが幸福の源泉だった

 この数週間、僕はちょっとしたダイエットをしている。サラダやヨーグルト、バナナなんかをたくさん食べて、ジムに行って筋トレしてはプロテインを飲んでいる。ディナーも「白い炭水化物」であるご飯やパンをできるだけ控えている。

★吉野家のご飯なし牛サラダ。まあまあ美味しいです。コンビニはサラダやチキンが置いてあり、じつは健康的なダイエットをするための食事が一番あります。

『週刊金融日記 第368号 圧倒的に健康でひとり勝ちするための食事戦略』

 冒頭に書いたとおり出張で広島に寄ることになったのだが、僕は会食や新規女性とのデートでダイエットなんか気にするのはアホだと思う程度にはゆるゆるのダイエット中なので、もちろん広島焼きを食べることにした。あの真ん中に麺が入っていて、ネギがたくさん、表面はパリッと焼いてあり中はトロトロ、濃厚なソースとマヨネーズでいただく広島スタイルのお好み焼きだ。白い炭水化物である精製された小麦粉がこれでもかと使われており、濃厚なソースはもちろん塩分が多い。僕が食べたその広島焼きは、駅ビルに入っているお店に適当に入って注文したものだ。おそらくどこにでもあるレベルの広島焼きだったのだが、これが美味いこと、美味いこと。ずっとダイエットを続けており、さらにこの日は朝の5時半に起きて新幹線に乗り、宮島観光などで1日中歩き回ったあとだった。
 東京を中心とするレストランガイドも執筆中で、僕は美食にとんでもないお金をかけてきたのだが、すごく美味しいものを食べたかったら、単に日頃からダイエットして食べる前に運動して空腹にしておくこと以上の方法はこの世に存在しない、というすごく当たり前のことに気がついてしまった(笑)。セブンイレブンのサラダ(ドレッシング別売り)に最小限のエクストラヴァージンオイルをかけただけ、メインはサラダチキンという荒野を一週間走り続けたあとに食べる吉牛の温かい牛丼は、世界中のどんな高級レストランの食事よりも美味しいはずだ。

★ダイエット中に食べるお好み焼きの美味いこと、美味いこと。アルコールも控えていたからビールもめちゃ美味しい。

この続きをみるには

この続き:24,114文字
記事を購入する

週刊金融日記 第369号 不自由を強いられることこそが幸福の源泉だった、米中貿易戦争で中国は強硬姿勢、やっぱり広島旅行はいいですね、浮気妻と離婚し相手に慰謝料も請求しました、他

藤沢数希

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

59

藤沢数希

藤沢数希。金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。理論物理学研究者、外資系金融機関を経て、作家。著書:『なぜ投資のプロはサルに負けるのか』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』『反原発の不都合な真実』『外資系金融の終わり』

週刊金融日記

当月無料!経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けします。ブログ『金融日記』では書けないディープで具体的な話が満載。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。