週刊金融日記 第36号 失敗を約束される非モテコミット、衆院選と東京都知事選、池田信夫氏との対談(その5)日本の財政破綻で儲ける方法、香港・マカオの雑感、なぜISSAはモテるのか、他

// 週刊金融日記
// 2012年12月16日 第36号
// 失敗を約束される非モテコミット
// 衆院選と東京都知事選
// 池田信夫氏との対談(その5)日本の財政破綻で儲ける方法
// 香港・マカオの雑感
// なぜISSAはモテるのか
// 他

 こんにちは。藤沢数希です。
 今日はいよいよ選挙の日ですね。みなさん是非投票に行きましょう。
 基本的に、選挙って、業界団体とかが必ず入れる固定票と、都市部を中心とする浮動票のせめぎあいです。こういう固定票を入れる組織に利益誘導するのが政治家の商売で、その利益はそれ以外の人の損失に他ならないので、とにかくみんなが選挙に行って、固定票の濃度を下げることが大切なのですよ。だから、誰に入れていいか分からないという人も、とにかく選挙に行って、サイコロでも振って誰かの名前を書くだけでも意味があります。逆にいうと、白票は全く意味がありません。
 それにしても、自民党で安倍総理がほぼ確実な雰囲気ですが、なかなかアレですね。それでも、鳩山由紀夫とか菅直人よりはマシそうなのが、さらにアレです。日本はリーダーの人材プールが本当に危機的な状況のようです。

1.失敗を約束される非モテコミット

 さて、今週は恋愛工学の極めて重要なコンセプトを紹介したいと思います。男性読者はこのコンセプトを頭に叩きこんでおかないと、女にモテないどころか、時に犯罪の被害者にもなりうるものです。今週号も、読者からの相談内容に答える形で、議論を進めたいと思います。

===============================
藤沢先生

毎週ためになる情報をありがとうございます。
学ばせて頂いた恋愛工学をもって実社会で未だ結果に結びつけられておらず、忸怩たる思いをしています。
是非今年中には成果を上げて、良い報告をお届けできればと考えています。
さて僕には今ターゲットとしている女性がいます。
今年中になんとかセックスまで持ち込みたいと考えているのですが、どのように恋愛工学を現実に応用すべきかアドバイス頂きたく相談いたしました。
彼女は同じ会社の社長秘書です。
同じコミュニティの中で手を出すリスクは承知の上ですが、何とかセックスまでたどりつきたいと思っています。
当方は38歳で既婚、彼女は32歳で、特に年上から可愛がられそうなタイプです。
選り好みもあるようで、社員とも距離を置くような所もありますが、スノッブな感じでもなく、僕が誘うと二人きりでも飲みに来ますので、社員の中ではトップランナーであると思います。
また向こうも特別な仲という意識はあるようで、これまで3回ほどサシで飲んでいます。
かなり性にも貪欲で、飲みに行くと、好きな体位やプレイを話したりしています。
また最近まで不倫関係にあったり、今も何人かに言い寄られているようなのですが、どれもピンと来ていない状況のようです。
僕のことをカッコいいとか魅力的とか言うので、オスとしての魅力を感じてはいるようなのですが、冗談交じりに「じゃあ付き合おう」というと、「既婚だからなぁ」とか「もったいないなぁ」とかわされてしまいます。
積極的にくるオトコが好きなようなので、こういったハードルを越えて来れるかどうかを試しているのか、もしくは結婚を視野にいれているので、既婚者に本当に興味が無いのか判断のポイントを探しあぐねています。
ノーマークなオトコであるため、エロ話もあけすけとできるとも考えられますが、二人きりで飲みにくるということは、真剣に目を見て「好きだ」といわれるのを待っているとも考えてしまいます。
そこでこのような関係性の中で、どのようなポイントや行為をもって攻める、もしくは損切りのジャッジを下すべきか、わかりやすいアプローチ法を導き頂ければ幸いです。
できればセックスまで持ち込みたいと思っているのですが、今年中には損切りすべきか否か判断したいと考えていますので、アドバイスいただければと思います。

匿名希望
===============================

 この相談内容から、問題点がふたつ浮かび上がってきます。前者は初歩的なテクニックの問題で、後者はより深刻なもっと本質的な問題です。まずは、前者の技術的な問題を解決しましょう。
 既婚という情報をオープンにしてプレイする場合は、基本的に、男としての色気を使ってセックスから始まる恋愛みたいにして、好きになっちゃったんだからしょうがないと相手の女に思わせるか(速攻プレイ)、それとも金とか地位の部分で彼女の同年代のライバルに差をつけて、現状で2番目かもしれないけどそれでも美味しいと女に思わせる(愛人型遅攻プレイ)、というのが正攻法です。
 もちろん「妻と別れてお前と結婚したい」と言うのもひとつの手ですけど、まあこの方法はいろいろリスクが高いですね(笑)。

この続きをみるには

この続き:24,971文字
記事を購入する

週刊金融日記 第36号 失敗を約束される非モテコミット、衆院選と東京都知事選、池田信夫氏との対談(その5)日本の財政破綻で儲ける方法、香港・マカオの雑感、なぜISSAはモテるのか、他

藤沢数希

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

83

藤沢数希

藤沢数希。金融日記管理人。恋愛工学メルマガ発行。理論物理学研究者、外資系金融機関を経て、作家。著書:『なぜ投資のプロはサルに負けるのか』『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』『反原発の不都合な真実』『外資系金融の終わり』

週刊金融日記

当月無料!経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けします。ブログ『金融日記』では書けないディープで具体的な話が満載。
9つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。