週刊金融日記 第213号 ナンパ師のジレンマとハイクラス合コン戦略、パナマ文書21万社の情報公開、京都・奈良の楽しみ方、外国人観光客を利用した擬似アルファ戦略、他

// 週刊金融日記
// 2016年5月10日 第213号
// ナンパ師のジレンマとハイクラス合コン戦略
// パナマ文書21万社の情報公開
// 京都・奈良の楽しみ方
// 外国人観光客を利用した擬似アルファ戦略
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 アメリカではドナルド・トランプが共和党候補になるようで、これで大統領選はヒラリー・クリントンとの一騎打ちになってきましたね。トランプは、お金持ちですし、女好きなので、人格的には素晴らしい人だと思うのですが、国内産業を守るために輸入を制限しようとしたり、移民を排斥しようとしたり、と政策的には好ましくない点が多々あります。また、アメリカが世界の警察の役割をするのはもう辞めようと言っており、特に日本には米軍駐留の費用を負担させるか、さもなくば日本を守らないという方針です。現在、イギリスのブックメーカーは、トランプ大統領誕生の確率を2~3割ほどと読んでいるようですが、ヒラリーに何か大きなスキャンダルが出れば一発で逆転するでしょう。
 また、6月23日には、イギリスがEUを離脱するかどうかの国民投票が行われ、まさかの離脱、ということになれば、世界は一段と不確実性を増すでしょう。そして、本当に今年の暮れにトランプ大統領が誕生するようなことになれば、混沌とした世界が待ち受けていますね。

●米大統領選2016 クルーズ氏、共和党レース撤退 トランプ氏が党候補の見通し
http://www.bbc.com/japanese/36200541

●もしトランプが大統領になったら? クリントンとの対日政策比較
http://diamond.jp/articles/-/90700

●現実味を帯びるイギリス「EU離脱」という悪夢のシナリオ
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48471

 さて、今週も素晴らしい読者からの投稿がいくつもありました。以下の論文は要チェックです。

―外国人旅行者を利用したバーでのアルファメール擬態ルーティーン
―イッたふりでSTを引く方法に関する実証研究
―大学に入ってから勉強を続ける者が最後に勝つ
―OLちゃんに既婚バレしてしまいましたが、変わらずセックスさせてくれます

 ゴールデンウィーク明けで、たまった仕事を片付けている人も多いと思いますが、がんばってください。それでは今週もよろしくお願いします。


1.ナンパ師のジレンマとハイクラス合コン戦略

 友人とふたりでナンパをするとしよう。ちょうど話しかけやすい場所に女のふたり組がいる。片方は美人、もう片方はそうではない(以下、便宜上「ブス」と表記)。友人が話しかけると、会話はオープンした。いい感じだ。
 自分も友人も、狙っているのは美人だ。さて、どうしたものか。ここでふたりとも美人にばかり話しかけると、共倒れは確実だ。ブスはいい気がしないから、仮にどちらかが美人と上手くいきそうでも、強烈なストッパーになることが目に見えているし、美人がダメだったとわかった後に、しょうがなくブスに行っても、今度はこっちも落ちない。目の前でメスに振られたオスは非モテであり、ブスも食わないのだ。
 このような場面では協調プレイが鍵となる。ふたりでその場を盛り上げながら、すこしでも美人と上手くいきそうなプレイヤーに、そうでないプレイヤーは譲らないといけないのだ。あるいは、最初からサポーター役を決めておく必要がある。そして、残念ながら、このような協調プレイが行われることはほとんどない。ひとりの美人をめぐって、プレイヤーは常に相棒を裏切るという強烈なインセンティブがあるからだ。
 たとえば、プレイヤーAが、美人を落とすために、あえて無視したり、あしらったりしながら、ブスと楽しく会話するという戦略を取ったとしよう。これはディスる技術(第40号)を使っているのは明白だ。その意図を理解したプレイヤーBは、Aを助けるのではなく、裏切り、ディスられている美人をスティールする大きなチャンスを得ることになる。Aは単なる嫌なやつで終わる。
 コンパでも同様に、みんなが特定の美人に集中し、美人はますますつけあがり、全員が共倒れとなる。そういうことが続くと、男性メンバーは学習するので、今度は2番目ぐらいの美人に行くようになり、ここでもバッティングしてしまい、またもや共倒れである。
 全員が協調すればみんなが上手く行く確率が上がるが、裏切る利得、逆に裏切られる損失から、みんなが損することを個々のプレイヤーはやらざるを得なくなる。これはゲーム理論で有名な囚人のジレンマであるが、複数のプレイヤーが参加するナンパというゲームもまた、同じような構造を抱えているのだ。

 ビジネスの世界では、こうした共倒れを防ぐためのさまざまな方策がめぐらされている。会社では多くの職種で、個人の業績だけではなく、チームへの貢献が評価される。チームを犠牲にするような仕事のやり方は、むしろ評価されない。
 また、自分勝手なことをするプレイヤーを業界から締め出すことによって全体の利益を守る場合もある。芸能事務所では、売れるか売れないかわからないタレントに膨大な投資をする。しかし、売れるタレントはほんの一握りなので、事後的に売れたタレントが勝手に独立したら、芸能事務所のビジネスモデルは破綻する。そこで、このような裏切ったタレントは、業界で干すという村の掟を作ったのだ。
 単純に、お金で解決するやり方もある。たとえば、ナンパスクールのインストラクターは、顧客から料金を取る代わりに、街コンやストナン、クラナンでは、徹底的にサポーター役になりきることが求められる。
 このメルマガでも、いくつかのコンビプレイのための戦略を提示してきた。

『週刊金融日記 第106号 コンビ・ナンパの基本プロトコル』

 さて、ゲーム理論の話はこれぐらいにして、今週は読者から興味深い投稿が届いたので紹介しよう。ハイクラスの合コンを開催するためのガイドラインである。

===============================
―ハイクラス合コンのセッティング方法

藤沢先生、ご無沙汰しております。
ミルキー(都内在住26歳外資系シンクタンク勤務)です。
第188号
の「中高一貫男子校という選択について」以来の投稿になります。
最近の受験工学での藤沢先生の鋭い洞察を毎週楽しみにして読んでいます。

私事ですが、半年程前から本業が急激に忙しくなり、帰りは早くて終電、タクシー帰宅が常態化しており、副業も軌道に乗ってきたこともあいまって、こと平日に関しては私が声がけをできる時間帯は、街も閑散としている状況です。
恋愛についてはAランクの彼女・セフレが何人かいるので、既存のポートフォリオは悪くないのですが、仕事の多忙と既存のメンテナンスから、新規開拓が停滞するのでは、と心配しておりました。
そんな中、社会人になりソロでの声がけを始めてから疎遠になっていたコンパやパーティーに参加する機会が再び多くなってきました。
世の中のコンパやパーティーは、自分で声がけをしなくても女の子が揃う反面、やはりAランク以上の子の率が極端に低く、たとえセクトラしたい相手が一人もいなくても最低2時間は拘束され、さらにお金まで失うという圧倒的デメリットがありました。
しかし裏を返せば、毎回ある程度のクオリティを担保できるのであれば、私のように新規開拓に時間を割けないプレイヤーにとって、有用な出会いエンジンになりえるはずです。
このような制約下の中では、有効な出会いエンジンではないかと、その価値を見直しているところであります。
実際、ここ数ヶ月、月に1、2回のペースで土日を使ってコンパ開催やパーティー集客を行っているのですが、先輩後輩やプレイヤー仲間、パーティー主催者から大変好評をいただいております。
そこで、クオリティの高いコンパやパーティーを開く方法について、自身の経験から得た知見をまとめてみましたので、紹介させてください。
意識すべきポイントは4点あると考えております。
こちらを重要度の係数を合計100%とした時の高い順に、記述させていただきます。

この続きをみるには

この続き:23,959文字
記事を購入する

週刊金融日記 第213号 ナンパ師のジレンマとハイクラス合コン戦略、パナマ文書21万社の情報公開、京都・奈良の楽しみ方、外国人観光客を利用した擬似アルファ戦略、他

藤沢数希

216円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

藤沢数希

週刊金融日記

当月無料!経済、ビジネス、そして恋愛工学についてお届けします。ブログ『金融日記』では書けないディープで具体的な話が満載。
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。