ファイナリストを目指す知的障がい者サッカー日本代表

世界中がFIFAサッカーワールドカップが盛り上がっている中、知的障がい者サッカーのワールドカップINASサッカーワールドカップに出場する知的障がい者サッカー日本代表の今年3回目の合宿が6月15~17日に栃木県さくら市で行われた。

知的障がい者サッカーとは
知的障がい者が行うサッカー。ルールは健常者が行うFIFAのルールと同じ。国内では約5000人の選手がいる。各地の知的障がい者サッカーチームだけではなく、健常者と同じチームでプレーをしている選手もいる。社会人リーグに参加している知的障がい者サッカーチームもある。Football intellectual disabilityの頭文字からFIDと略すことがある。

INASワールドカップとは
INAS(The International Federation for Athletes with Intellectual Impairments 国際知的障害者スポーツ連盟)が4年に一度開催している知的障がい者サッカー世界選手権。1994年にオランダで第1回大会が開催された。日本は2002年のFIFA日韓ワールドカップの後に横浜で開催された日本大会に初出場。以来今回のスウェーデン大会で5回連続出場。
スウェーデン大会には日本のほかに、スウェーデン、ドイツ、南アフリカ、フランス、サウジアラビア、ポーランド、ロシアの8ヵ国が出場予定。日本は前回ブラジル大会では4位。

取材に行ったのは2日の6月16日。この日の予定は午前中はさくら市鬼怒川運動公園で栃木SCユースとのトレーニングマッチ。午後はさくらスタジアムでのトレーニング。
栃木SCユースとのトレーニングマッチは30分3本。栃木SCユースとは前回5月の合宿でもトレーニングマッチを行った。

『勝利するために、まず「声」を出す!』
試合前に西代表監督は「試合の中で声を出していく。その為にも体、頭、心の準備をする。守備は前線から積極的に奪いに行きましょう。その為にボールに対してファーストディフェンダーが積極的にアプローチすること。それをやることで次のライン、最終ライン、他の選手が予測してそのボールを狙える。しっかりとやりましょう。今回のこのゲームで一番大切なことは攻撃はしっかりと落ち着いて今までやったトレーニングの通りにやる。パスのスピード、人に強くいく。ここのピッチコンディションはどうだった。アップしていて何か感想はない?デコボコしているよね。デコボコしているグラウンドに弱いボールを蹴ったらポコポコポコしちゃうよ。デコボコしたグラウンドだからこそ強いボールを送ることでそんなにバウンドしません。そういう意味で受け手が受けやすいボールは強いボール。だからそれをチャレンジしよう。いいかな。これはずっと練習でやってきたことです。
あとは、狙いどころとして相手の背後、ディフェンスラインの間で受ける。大丈夫?間で受ける。昨日言ったスペースを作ってそこを使う。お互いに見ながらやる。そのなかでフィニッシュまで持って行く。
そろそろ勝利に対してしっかりと貪欲になって負けない気持ちになって戦わなければいけないよ。勝負にこだわる。」
西代表監督「今日のゲーム何が重要だった。結城?」
結城「声を出して伝える」
西代表監督「そうだな。しっかりとそこをホイッスルが鳴ったら自分たちでやってください。いいなか。」
選手たち「はい」
「じゃあ頑張ろう。キャプテンは徳。みんなで声を掛けていきましょう。」

ゲームキャプテン徳村「みんなで声を掛けて勝ちましょう。勝ぞ!」
「おお!」
西監督「さあ行こう。」
と選手たちをピッチに送り出した。

システムは4-2-3-1。
1本目は栃木SCユースの早い動きに上手く対応できず試合開始早々に2失点。ベンチからの西代表監督の指示で徐々に落着きを取り戻した日本代表はボールを前に運ぶようになったが得点までには至らなかった。

1本目を終えて西代表監督
「最後のところ、寄せないといけないと失点していまう。スウェーデンに行ってどうだった。あれでどうだった。やられていたよ。外国の選手ならすぐにシュートを打ってくるよ。だからすぐにスペースを与えない。いい?それをやんなきゃ。その延長で最後のクロスも、結局寄せられてないんだよね。対応できていない。そこをしっかりと改善しよう。
まず守備のところは前の選手は出来るだけ2枚で中を開けないようにけん制しながら、出たら行く。出たら行く。行ってコースを切りながら次のところを狙う。この時もしっかりと間を閉じながら狙う。ここやる。途中ちょっと疲れて、ボールに行けなくなって、相手にフリーでバンバン配球された。もう一回ここを整理しましょう。行けないなら行けないでしっかりとここ、バランス、お互いに距離を詰めながらブロックを作って守備をする。ここの基準をはっきりしましょう。」
戦術ボードを選手に見せながら。
「相手はうちらの右サイドからの攻撃が多いよね。ここのボランチ。この横をトップが落ちてきたりしてここにボールが入る。安達はここを意識しながらケアをする。
丸はここをこうさせない。しっかり絞っていいよ。自分の前をボールをいかしてしっかりとここを対応する。だけどひとりふたりはがさえれも対応出来る距離を作らなければいけない。大丈夫?
安達。相手が狙っているのはここだから。ここをまずさせない。しっかりとふたりで対応する。粘り強く。それで大丈夫。その時に安達もしっかり落ちるよ。徳村も落ちるよ。佐藤も落ちるよ。そのあたりしっかりとやること。そこだけしっかりと整理して。
攻撃に関してはタッチ数が多いよ。だから途中で奪われてカウンターを食らって。少ないタッチ。いい。そのためには前向きのサッカーをいい。何本かシュートまでいっているんだから。少ないタッチでいかに相手に戻る時間を与えずにシュートまで行くかっていうのが大事だな。いいですか。 
何か質問とかないですか。OK。中につけて絞る。守備のスタートの基準をもう一回はっきりさせて 大丈夫 さあ行きましょう。」

2本目は西代表監督の指示を活かして相手を抑えることが出来るようになってきた。相手にシュートを打たれるときもGKが一人で複数の相手選手と向き合うのではなく、必ず複数味方選手とディフェンスをしているので失点することが減った。攻撃もバラバラに一人二人が抜け出すのではなく、練習をしてきたように他の選手もパスを受けることが出来る位置で攻撃に参加するようになってきた。ゴールももう少しかというところで2本目が終わった。

西代表監督
「メンバーを入れ替えます。これでみんなかな大丈夫だよね。」

「個々の対応はよかったよ。なぜかというと、ここのツートップのチェイシングが効いていたってこと。この後もトップの選手はしっかりとこれを継続してやるということ。これがまず基準です。
いい状態で奪うシーンが増えたよね。2セット目どうだった。増えて奪えそうだよ。奪う時はしっかりと体を向けようよ。自分の進行方向。状況をしっかり見ておいてプレーをする。
奪えそうだと思ったらみんなしっかりと見てプレーをしようよ。出来るだけ前向きに。奪ったシーンというのは人が多い。そこから素早くボールを動かす。この人の密集地帯からボールを離す。時間をかけずに前に推進していくということをもっとこの3セット目でやりましょう。そういう意味では奪うシーンにいるボランチはそういうことを意識してやりましょう。彼らだけだはなくて他の選手は トップは間に顔を出す。背後を狙う。サイドに飛び出る。そういうことをみんなでやらなきゃ。後ろもしっかりサポートしなきゃ。大丈夫かな。いい?あと声。声の出ている時間帯。出ていない時間帯。常に声を掛けられるように。なにか気づいた人がそれをみんなに伝える。そういうのがあればいいんじゃない。いい。じゃあ最後までいきましょう。まずは1点取ろう1点。
最後のフィニッシュのシーンまでしっかりとやりましょう。」

3本目はメンバーを大きく入れ替えて4-4-2でスタート。栃木SCユースもメンバーを入れ替えてくる。先手は栃木SCユースが打ってくるが、それにしっかりと対応できるようになってきた。ボールを奪ったあとの攻撃スピードも上がり、早い時間帯に待望のゴールを決めた。栃木SCユースも早い縦への攻撃で何度も代表チームのゴールを脅かすが、代表チームも早い守備、人数をかけた早い攻撃で相手のゴールを脅かした。

3セット目を終えて西代表監督の選手への言葉
「出来ていた部分もあればもっともっと大切にしないといけない部分があった。守備の時にもっとはっきりクリアーにしないといけない部分があった。クリアーという決断をしないといけないシーンといのもあった。ただ、収穫としてゴールを奪うことが出来たというのが良かった。
点を取った時の状況。みんな常に前向きにプレーをしていた。常にゴールを視野に入れながら。だからゴールが生まれた。そうゆうシーンをもっと増やしていかないと。もっと言えば前を向けるシーンでもっと前を向くという回数を増やしていかないとゴールは奪えない。逆にその回数を増やせばゴールは奪える可能性が高まる。もっとこうした意識をしながら夜のミーティングでも映像で視覚的にとらえながら明日のゲームにつなげていきましょう。我々の目的はワールドカップでファイナリストになるという目標に対して今こうやって活動している目標を絶対に忘れないように。
時間を大事にその中で明日も勝負にこだわる。一点でも取って、無失点で戦えるようチャレンジしてほしい。」

午後の練習は場所をさくらスタジアムに移動して行った。
代表選手と新ユニフォーム、スポンサーの発表などの公式行事を行ってから練習を行った。
以前の合宿では守備の練習が中心で、守備の為の攻撃の練習とう感じだったが、今回の合宿ではより攻撃面を重視したシュート、フリーキック、コーナーキックの練習など2時間弱行われた。

西代表監督のインタビュー

練習後に西眞一代表監督にお話を伺った。

ワールドカップまであと一ヶ月半今回の合宿の目的を教えて下さい。

西代表監督「もうチーム作りですね。いろいろな確認をして戦い方を共有しながら、それをゲームを通じてチャレンジをしていくとそういうところです。守備から攻撃に入って今崩しのところを中心にやっていこかなと。」

トレーニングマッチの手ごたえを聞かせて下さい。

西代表監督「午前中はそうですね。最初の2失点というのは問題視はしていないんですけど、そのあとの失点はキーパーとの連携が良くない。3点目、4点目がそもそもクロスボールに対してしっかりと寄せていなかったという。ああいうシーンを海外でやると得点にも当然繋がってきます。これではいけないなって選手たちが感じられた部分があったのでその点はプラスに考えています。
良かった面でいえば得点が奪えたということ。2点リードしたというところで。得点のにおいがしだしたところでゴール。その積み重ねをしていく。精度を高めていくというのでまた明日というところをやっていきたいなと思っています。」

ワールドカップでの目標を教えて下さい。

西代表監督「ワールドカップではファイナリストを目指しています。」
(注・INASでは出場国、グループリーグを発表しているが。日本知的障がい者サッカー連盟としてはまだリリースをしていない)

対戦国の対策の資料はもっているのですか

西代表監督「もちろんそれはもっていますよ。そこはそれを踏まえてその対策を常にスタッフと話をしながらやっています。スウェーデン遠征でも大きな収穫がありました。」



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。
4

内田和稔

知的障がい者サッカー

知的障がい者サッカー
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。