【SEOコンサル詳細】 りょーこさんの「たまご美容師」の場合

今回コンサルをさせていただく記事はこちらです。

作成者は、「りょーこさん(@ryoocosato)」

狙っているクエリは、「たまご スーパーフード」のクエリです。

私がするSEO対策コンサルは、狙っているクエリ(ワード)に対しての記事毎の細かなコンサルをしていきます。文章・答案などをけずったり書き加えたりして直し、良くする添削ではありません。実際にSEOに効果のあるアドバイスをするつもりです。

■ブログを診断する人

岸 和希(きし かずき)と申します。

ブログコンサルをするにあたり、私の実績をサクッと載せておきます。

・月間 60万PV
・AdSense 20〜25万
・ASP 80万〜90万
・収益化して1年ほど

これぐらいなので、合うかはあなたで判断してくださいね。この業界では、まだまだ格下なのですが、初心者ではない実績なので合う人はいてると思っています。

プロフィールページも用意しています。

>>詳細なプロフィール

私の職業は美容師ですが、複業としてブログでも生計を立てています。独自のノウハウと言うと偉そうですが、実際にたくさんの失敗をしながら積み立ててきた知識を活かしてコンサルをさせてもらいます。

noteにも内訳や方法論を書いています、有料ですが良ければご参考くださいね。

>>PV50万、収益100万の具体的な詳細と方法

>>Amazon・楽天・Yahooで月収10万円稼ぐ方法

「なぜ、クエリに対しての記事毎なのか?」というと、クエリによってはSEO対策は変わるからです。

例えば、昨日とったばかりのドメインで「iPhoneというクエリで1位をとりたい!」と言っても100%不可能です。その要因としてはドメインエイジというドメインの経過日数によってとれるクエリが違うからです。現段階でのドメインで上位表示できるクエリは決まっています。そのことから私はドメインと記事のレベルに合ったクエリがあると考えています。

・コンテンツ
・タグ
・ドメインエイジ
・個人的アドバイス

順にお話していきます。


ーーーコンテンツーーー

ページ内のコンテンツの充実度です。コンテンツは順位決定の重要な要素となります。

率直にアドバイスさせてもらうと、「網羅性」が圧倒的に足りません。タイトルや肩書に”たまご美容師”とあるのに対して、たまごについての専門性や網羅性が物足りないなと感じました。

検索エンジンを使う読者は、面白いものを求めているわけではなく、「情報」を求めています。もし、自分だったらどんな記事なら読むのか?どんな情報が欲しいのか?読者の立場になって考えることがとても重要になります。

考えるべきなのは、

①専門性
②網羅性
③信頼性

この3つです。

つまり、りょーこさんがすべきは”たまご”についての専門性がある文章であり、”たまご”ついて網羅していくことです。

具体的にお話していくと、今回の記事の目次では、

■たまごの基礎知識!
①たまごほど効率の良いたんぱく源はない!
②たまごほど栄養バランスの良い食材はない!
③たまごほどコスパの良いたんぱく源はない!
■根強い『たまご』のコレステロール神話!!
①たまごの摂取量は1日1個まで!はもう古い!!
②善玉コレステロールと悪玉コレステロールはどちらも大切な成分!!
③本当に悪いコレステロールって?
■まとめ
①一つだけ注意点を
②アンチエイジングにはたまご!!!!!

と、なっています。

ですが、私ならここに加えて、

■卵の成分
■卵の料理
■たまごアレルギー
■賞味期限
■ゆでたまごと生たまご

というような見出しをつくり、徹底的に勉強して加筆します(安直な意見ですのでもっと考え込んでください)。

もしボリュームがそれぞれ2000〜3000文字ぐらい書けるのなら別記事にして、内部リンクにすれば回遊率も上がってなお良いです。というか今現在のh2タグは別記事にしてもっとボリュームをつくるべきです。そのあと内部リンクにして繋ぎましょう。書き込むとそれぐらいのコンテンツにはなると思います。

あと、オリジナリナル性も不足しています。オリジナル性とは、雑誌や公式に掲載されているような情報ではなく、足を運んで、目で見て、肌で感じ、実際に体験したことです。もちろんないわけではないのですが、オリジナリティーをもっとつくるべきですね。

例えば、「たまご+髪」「たまご+アンチエイジング」、美容師のように「忙しいライフスタイルにおすすめするたまごの活用法」など、加えるといいかも知れません。


さらに、全てのコンサル内容でも同じことをアドバイスしましたが、トピック(カテゴリー)を整理整頓して、そこにコンテンツ(記事)をガンガン入れましょう。全ての方に共通しているのは、記事とカテゴリーを別に考えすぎていることです。つまり、りょーこさんのブログだけでたまごの全てが分かるぐらいの意気込みで作りましょうという事です。

現在のりょーこさんのカテゴリーは「美容(アンチエイジング・ヘアケア・栄養)・ブログ(WordPress・運営)・街(横浜・電源カフェ)・エッセイ」と、かなり雑記で作成されています。

「たまご・スーパーフード」のクエリを狙いたいなら、カテゴリー名も、ミドルワードぐらいのクエリを狙うイメージを持つべきです。例えば…

■たまご
・スーパーフード「たまご」
・たまごダイエット
・たまごの効果
・たまごの豆知識
・たまごのカロリー
・最強のたまご調理

などのような、この辺りのワードと組み合わせてカテゴリーを作ると網羅性がでます。こうやってカテゴリーをつくると、たくさん記事書けそうな気がしませんか?

私はそれほどカテゴリーに興味があるわけではありませんが、女性ならたくさんの人が興味があるはずです。たまご美容師ならそのニーズに応えられるのではないでしょうか。もし分からなくても、たまご専門書的な本を10冊ほど読み込むと、これぐらいのカテゴリーなら埋めることができるはずです。


ーーータグーーー

ページ内部のタグを中心にアドバイスします。内部SEOは、タグひとつひとつの改善の積み重ねです。

今回の記事でも、タグも改善余地が結構あったので、一緒に参考にしてください。

・タイトルは30〜40文字
・タイトルにたまごワードが2つあるので1つに
・スーパーフードは全部に
・メタディスクリプションは81文字〜133文字
・h2タグはもう少し増やしましょう
・h3タグは6個以内に
・h4タグは0個に
・alt属性の記述がないので記述

タグは細かいですが、見直しをかけて改善しましょう。

大きく改善すべきポイントもお話していきます。

今回の記事では、「たまご スーパーフード」のクエリを狙っているのですが、ワードを詰め込みすぎです。キーワードをたくさん入れればスモールワードや4語、5語を狙えるわけではありません。

重要になるのは、「ペルソナを設定する」ということです。

やみくもにキーワードを盛り込むのではなく、どんなクエリをがあるのかを考えるべきなのです。

具体的にお話すると、私が見ただけでもこの記事には、たんぱく質+卵(たまご)+スーパーフード+ビタミン+栄養+食材と、6つもキーワードを盛り込んでいます(もっと狙っているかもしれませんが)。キーワードを盛り込むこと=スモールワードというわけではありません。

クエリとは、読者がGoogleに訪ねた質問というようなイメージです。ワードを詰め込めばよいというものではなく、あくまで検索意図を考える必要があるということです。そのため今回の記事では、まずはペルソナを再確認すべきです。

例えば、たまご+スーパーフード+○○でスモールワードを狙う時は、りょーこさんならどんな質問をするか考えるべきです。これらを明確にすることで、よりコンテンツの質を上げる制作がしやすくなります。

もし、私なら【たまごの教科書|美容のスーパーフードの理由】など「たまご+スーパーフード+美容」というシンプルなクエリにして、とりあえずたまごについて徹底的に情報収集をして加筆します。さらに「たまご+ビタミン」「たまご+食材」「たまご+栄養」などそれぞれ別々に記事化してまとめて、ボリュームをつくります。

いろんな角度からのたまごについてを網羅したコンテンツをつくります。そして自分のたまごについての魅力を語ります。まぁ安直ではありますが作りながらも楽しめるような内容にしますね。

検索エンジンを使う読者は、面白いものを求めているわけではなく、「情報」を求めています。もし、自分だったらどんな記事なら読むのか?どんな情報が欲しいのか?読者の立場になって考えることがとても重要になります。


ーーードメインエイジーーー

ドメインの経過日数からのクエリでのアドバイスをします。競合より劣る場合は、他の要素でカバーする必要があります。

やはり「たまご」というクエリでは2015年よりも以前になります。まぁ需要も知名度、認知度などを考えると当たり前っちゃ当たり前なんですけどね。だから「コンテンツ・タグ」でしっかり作り込むましょう。

たまごは、かなりコンテンツも多いので根気よく作り込みましょう。


ーーー個人的アドバイスーーー

ブログをしてきている経験を活かして、個人的なアドバイスもさせていただきます。これは個人的な好みもあるのですが、私自身もかなりこだわりを持ってしています。

今回の、りょーこさんの質問に対してお話していきます。

■質問①

今現在は、記事数を増やすことを優先しているので、特に細かい分析をする余裕がないので、PVと流入先を見るくらいしかしていません。アナリティクスを個別で見たことがありませんでした。まだまだ初心者ですが、記事を書きながらも分析は必要でしょうか?

これはよくある質問なのですが、私の中では”初心者でも分析はした方がいい”と考えています。そもそも、こういうのは習うより慣れろです。

初心者でもまずは分析をしてみないとできるようになりません。ガッツリとした分析は必要なくともある程度はしておくべきです。私は初心者でも以下の情報は常に把握しておくべきです。

・各ページのクエリ
・UU(ユニークユーザー)
・直帰率
・ページ/セッション
・平均ページ時間

記事の持つパワーの底上げをするためには、分析は必要です。これぐらいは必要ですね。

私の場合は、新記事を書く時間、既存記事をリライトする時間、分析する時間の3段階の割合で一日を上手く使うようにしています。大体5:3:2ぐらいの割合をベースにしています。

ブロガーさんによっては、「毎日1記事更新」を目標。という意見もありますが、それよりも「作業時間」を目標にすべきですね。そうするともっとストレスなく作業時間と分析のバランスをとることができるでしょう。


■質問②

どうしても美容系の記事を書いていると、薬機法(薬事法)の存在が気になります。なるべく気を付けるようにしているのですが、過去に書いた記事をしっかり直さなくてはと思っております。岸さんも美容師さんなので、何か対策やリスクマネジメントなどありましたら、教えていただけたら嬉しいです。

これに難易度が中々高いですね。言い切らない、断言しない、できるだけやわらげる表現をする。こまめにチェックするみたいな感じですかね。

恐らくこれに関してリスクヘッジは難しいですね。私の場合は特化ブログとしてドメインを別に分けている。できるだけさまざまなカテゴリーを扱うぐらいしかしていません。

しかも、薬事法から薬機法に変わったように、どんどん変化していくので、一番大きなマネジメントするのは、常にチェックしてリライトしておくというのが一番良いのかと。常にチェックして更新日を新しくしておきましょう。

あまりちゃんとしたアドバイスができなくて申し訳ない。。

あと、個人的には、構成自体も上手くまとめられていて、女性らしい文章とオシャレなブログレイアウトで好印象です。しかし、もう少し具体的な専門性を加えましょう。女性ブロガーさんなら、わりとロジックをしっかしている方はあまりいてない印象です。それだけで武器にもなります。


ーーーまとめーーー

そろそろまとめていきます。

”たまご美容師”と言うからには、たまごに関して網羅性・専門性を徹底して記事を埋めていく方をおすすめします。全体的に雑記すぎていて、ブログSEO的にも散漫しているし、読者も迷子になってしまいます。まずは、りょーこさんの”たまご美容師”としての目玉コンテンツをつくり、たまごの魅力を語るべきですね。

たまごをブログ名に使うぐらいなら、メインコンテンツにするぐらいの気合がいります。

まぁ手始めに、たまごの関連する記事を50ぐらいは書いてほしいものですね。美容師しながらブログしているりょーこさんなら根気もあるはずなので、できるはずです。

以上です。参考になれば嬉しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

SEOコンサルマガジン

SEOのコンサルしていくマガジンです。現在無料にしてますので、良ければご参考ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。