見出し画像

【今日の一言まとめ】中国からみるビジネスモデル3選⑧~サプライチェーン~

1週間も中日になりました!後半は皆さん何されますか?本日は中国での最新のサプライチェーン事情に関して記事をまとめました!一元化が進むにつれて見えてくるサプライチェーンの在り方です!

今回は出典として3記事からの考察を織り交ぜ、最後にリンク掲載させていただきます。お手数ですがどちらの方が読みたいか教えていただけますと幸いです。

では参ります!

1、サプライチェーン

近年経済のグローバル化や多くのECサイトの誕生やUXの向上を目的に、たくさんの企業では独自のサプライチェーンマネジメントの確立を試みている。開発、調達、製造、発送、販売といった各プロセスでの在庫量や滞留時間などを削減することで、顧客には最短かつタイムリーに製品を供給し、また、業界全体としてはリードタイムの縮小、在庫の縮小、設備の稼働率向上などによるコスト削減、経営の効率化が目的となっている。つまり、いかに効率よく供給できユーザーに最高の体験をしてもらうかが要になっている。ファッション業界ではいち早くユニクロが自社での確立に成功した。

2、中国事情

中国でも様々動きがあるがここでは3つ紹介したい。「小売業の全過程をスマート化するSaaS型サービス」「運送業のスマートモニタリング」「飲食店向けワンストップ型ソリューション」である。

小売業がECサイトに出店しやすくなり物流がさらに複雑化している。ニーズとして高まっているのが『オンライン・オフラインでのモノ・時間・ヒトの管理』である。「小売業の全過程をスマート化するSaaS型サービス」では、商品の管理はもちろんのこと財務、アフターフォロー、CRM等の管理を通じて、経営判断の基準にもなっている。また、ECサイトのサイバー攻撃に備えネガティブコメントを書くユーザーを特定しブラックリストの情報提供をクライアントに行っている。

小売業のECサイト出店の流れは飲食業界においても進んでいて「飲食店向けワンストップ型ソリューション」を提供している企業現れた。リテラシーの乏しい方をターゲットに、オンライン業務の標準化サービスや、デリバリー業務を管理するSaaSを提供している。さらに自分の商品がどこのチャネルで売れているのか、消費シーンなど取引データが見える化されてる。アフターフォローとして、若年層ユーザーをつなぐ支援をすると同時に、ユーザーのペルソナやタグを分析・管理し、異なるユーザーグループに対して個別化されたアプローチを行っている。

さらに物流において「運送業のスマートモニタリング」はサプライチェーンの見える化はもちろんのこと、中小運送業者の物流企業の経営状況データ・運送能力を把握し、信用調査システムのデータベースを構築し、ファイナンス・運送能力のマッチングの新たな基準する構想をしている。これらは一元化管理からひと枠超えた付加価値となり業界内での更なる最適化が図られるだろう。

3、出展


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

Kaaazu

学生ベンチャーキャピタリストです!普段気になったこと一言程度でまとめています!現在は中国ビジネスに関して勉強中です!興味がある分野は【サブスク】【シェアリングエコノミー】です!何卒よろしくです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。