“素直”であることが人の魅力を引出す話

【 素直とは、
ネガティブではない。
ポジティブだ 】

まず、素直じゃない人とは
どんな人だろうか

例えばこんな言葉を使ったり耳にしたり
したことはないだろうか

「あの子かわいい。だけど、~」
「あの人イケメン。でも、~」

この“だけど” “でも”が否定的な言葉であり
否定はネガティブであり
素直ではないということだ

*

【 否定的な接続詞の効果的な使い方 】

コミュニケーションを円滑にする
使い方としてお話します

人は最後の言葉が印象に残る
ということをまず頭に入れていただきたい

この心理から
あの子はかわいい。だけど、服がダサい
と言ったとしよう
ダサいというネガティブな言葉が
頭に残ってしまい
かわいいが嫉妬やお世辞のように
変化してしまう

これを逆にしてみよう
あの子の服はダサい。だけど、かわいい
と最後のかわいいが頭に入ってくる
ダサいとゆうネガティブイメージが
かわいいを引き立てるのだ

*

【 だけどやでもを使うなら 】

“ネガティブなことを言ってから
最後にポジティブなことを伝える”
ことが人間関係を円滑にする

※でも、なるべくはネガティブワードは
使わないにこしたことはない

*

【 素直な気持ちを具体的に 】


「○○ちゃん、キレイだね~!」
と素直に言われて嬉しくない人はいないはず

そこでもう一歩踏み込んでみよう

自分が何にそう思ったのかを伝えることで
より、信頼性が増し伝わりやすくさせる
ということです

ここでは何にキレイと思ったか?

髪型?服装?ネイル?
それを付け加えるだけで
言われた相手は

あ、この人はしっかり私を見てくれてる
と思うのです

素直になりましょう
素直に伝えましょう

それが人(自分と相手の両方)の
魅力を引出す方法なんです

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

頭の中

マインドだったり価値観だったり
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。