見出し画像

#オールガイナーレ Round5(ヴァンラーレ八戸戦)

例によって例のヤツ。DAZN謹製のダイジェスト置いときますね。

林の初っ端のゴールは、紅チャントがバックに鳴ってて、あのチャントって汎用性が高くて我が方の選手にも合うんだな、などと思った次第(違うし止めろ

この林が何度となくチャンスに顔を出して機を窺う展開だったのですね。八戸で言えば谷尾がこの役目を果たしていたわけです。頼みの綱とも言えるユリだとか、ヴィッチーニョ、更にはフェルさんまでもいません。今出られるメンツでは正直頭数もですが、高いクオリティを維持するのにさえも苦心するかもしれませんね。この中に更に1人でも故障者が出てしまったりするようでは・・・。

ヴァンラーレはホームでの勝利を狙ってくるのでしょうから、出場するメンバーは目の色がさぞかし違っていたでしょう。まして古巣との対戦で意気上がる谷尾からしてみると、一発喰ってやれ、とそんな意気込みがあったように思うのです。
谷尾は実際一発喰らわせましたよね。同点ゴールという形で。カッコいい形の得点ではないのでしょうが、そんなゴールの格好良さなど求めずとも、貪欲にゴールを目指す姿勢が見えたし、周りもそんな彼に応えるような連動性でガイナーレを脅かします。
勝ち越し点を取った小牧は、谷尾とは違う意味で貪欲に得点を狙った結果、あの時点でシュートを打つ、というひらめきによってチームを勢いづけました。ただ、ここで追加点をこれ以上与えなかったことが、ガイナーレに最後のチャンスを与えることになります。

あの可児の同点弾のとこ、あそこにいろって言われてもそんなに簡単にポジショニングできないし、何だか知らないんですけど、いつの間にかあそこに潜り込んでるんですよ。あれ、可児じゃないとできない得点でしょう。
ホントね、ここ数年は三顧の礼を尽くしてどうあっても彼に残ってもらうべきですよ。それほど可児の存在は大きいです。推しの贔屓目で言ってるという面も確かにありますが、彼は現状のガイナーレ鳥取に必要不可欠です。
今、最も気を配りたいのは、彼が故障をしないこと。他の選手たちも同じように故障してほしくないんですが、特に可児には無事にシーズンを乗り切ってほしいもの。彼に負担をかけないためにも、周囲の選手たちは、自分たちの役割を果たしながら、彼を助けていただきたい。そうすることで、彼ら自身も生きてくるはずです。

あと、カターレ戦で得点できたことで何かに開眼したように見える林のこれからの活躍にも注目したいところですね。

今いない選手たちや、やれない戦術などを惜しんで嘆いてみたところで、何も進歩なんかしませんよ。それは我々が嘆くまでもなく、監督以下コーチングスタッフや強化を担当するスタッフたちがどうにかしたいと考えているはず。別に盲信しろとかまでは言いませんが、0か100かでばかり論じるのは、あまり感心しません。

林の様子を見ている感じだと、彼はブレイクしそうだなって、そんな気がとてもします。この先、楽しみですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

基本的に他人様にどうこう、と偉そうに提示するような文章ではなく、「こいつ、馬鹿でぇ」と軽くお読みいただけるような文章を書き発表することを目指しております。それでもよろしければお願い致します。

大変に嬉しいです!ありがとうございます!
2

KAZZ

サッカー(ガイナーレ鳥取/SC鳥取ドリームス、デッツォーラ島根EC、湘南ベルマーレなど多数)などを愛好中の軽薄で適当で変なおっさん。noteには主にサッカー関係の文章を書くかもしれませんが、そうでないことを書く場合もあります。筆者の文章の多くはあくまでも軽くお読みください。

#オールガイナーレ という名のリーグ戦回顧みたいなもの

ガイナーレ鳥取のJ3リーグ戦での試合後に書いてるブログの内容とはちょっと違う、いろいろわからないなりに掘り下げてるアホな文章です。原則的にはリーグ戦のみ記載し、天皇杯・育成マッチ・練習試合等リーグ戦から外れるものについては書きません。テキストの内容が薄くても構わない、という...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。