【保存版】誰でもわかる食品衛生責任者の概要と取得方法まとめ

このエントリでは、飲食店の経営において一番重要な資格である食品衛生責任者およびその講習についての情報をわかりやすくまとめます。なぜこの資格が必要か、どうやったら講習を受けて取得できるかなどの情報を、忙しい大学生のために最短ルートで教えます。これを読めば食品衛生責任者になれます。

こんにちは、こばやしたけし( @kbystks_ )と申します。

東大の4年生(休学中)で、店長になりたくなったので店長になろうとしています。気軽に「店長!」と声をかけてください。喜びます。

食品衛生責任者、という資格をご存知でしょうか。知らん!!という人、ちょっと待ってくれ。まだ待ってくれ。な?

おそらく、聞いたことはなくても、居酒屋とかでそれっぽい字を目にしたことがある人は多いのではないかと思います。

上記画像のシートみたいなのが、居酒屋などの壁に貼ってあるのをみたことはありませんでしょうか。これは、このお店に食品衛生責任者がいることの証です。

「飲食店 資格」などとネットで検索すると、まず最初にヒットするのがこの食品衛生責任者です。

ただ、ネット上で「食品衛生責任者」と検索しても、出てくるのは一時代前のテキストサイトみたいな見辛い公式サイトばかりで、情報がまとまっておらず、ほんとうに分かりづらかったです。

「食品衛生責任者ってなに...?なんかめんどくさくない...?」とか勘違いして、取得を諦めてしまう学生さんとかもいるのではないでしょうか。

それはとても悲しいことです。なぜなら、食品衛生責任者になるのは全然めんどくさくないからです。

というわけで、実際に食品衛生責任者の資格をゲッチュした僕が、めちゃくちゃ簡単に理解&取得するハウツーをまとめました。よろしくお願いします。

結論から言うと、食品衛生責任者には誰でも簡単になれます

何も知らない人でもわかるよう全部解説するので大丈夫です。

これを読めばこれを読めば食品衛生責任者になれます。

タブンネ...

食品衛生責任者とは


食品衛生責任者とは、簡単に行ってしまうと『飲食店をやるときに、必ず従業員のうち一人は取っておかなければいけない資格』です。

法律によって、『飲食店をやるときは、店舗に少なくとも一人は食品衛生責任者(の資格を持った人)を用意しろよ。じゃないと営業停止な。』となっています。

裏を返して説明すると、小規模の飲食店において明確に必要な資格は、この食品衛生責任者だけです。簡単ですね。

※収容人数が30を超える場合は、食品衛生責任者に加えて防火管理者という資格も必要になったりします。

ちなみに、似たような名前の資格として『食品衛生管理者』というものがありますが、これは特定の加工食品製造業(主に乳製品や肉加工食品)にのみ求められる資格なので、普通に喫茶店とかレストランやる場合は無視していいです。

まとめると、あなたが食品衛生責任者を資格さえ取れば、ちっちゃい喫茶店ないしレストランを開くことができるということです。

※もちろん、資格は最低要件であり、保健所や税務署などへのもろもろ申請手続きはありますが。

食品衛生責任者になるためには


では、どうしたら食品衛生責任者になれるのか

これもとーーっても単純で、食品衛生責任者講習とかいう講習を受ければいいです。そのまんますぎるね。

単純明快な事実をとして、食品衛生責任者講習を受ければ、誰でも食品衛生責任者の資格を得られます。(実際には手帳とか賞状とかの書類をもらいます)

講習を受ける→資格ゲッチュ!

実際、これだけです。あまりに単純じゃないですか?資格で有名なユーキャンでももう少し煩雑だと思います。

食品衛生責任者になるには、講習を受けるだけ。

これが重要な事実です。特別なことは何もありません。この事実をズバッと書かないから、公式サイトはうんちだなと思います。

ただ、僕が一番よくわからなかったとこは、この食品衛生責任者講習というのがどういう内容で、何を準備しておけばいいのかというところでした。

講習というからには、自動車教習所のような手続きがあり、テストとかもあり、勉強とかもしなければならないのでは...

とか色々不安になりなって、なかなか受けられずにいました。

ですが、実際受けてみてわかったんですが、この講習はまじのカスです。次節で詳しく説明します。

アホでもわかる食品衛生責任者講習とは


どうもアホです。それでも食品衛生責任者講習には受かりました。

さて、食品衛生責任者になるためには食品衛生責任者講習を受けなければいけないのですが、実際何をするのか...。

結論から申し上げますと、何もしないに等しいです。

〜10秒でわかる講習の内容〜

1、朝9時くらいに会場へ行って、書類を記入したり受講料1万円を払うなどする

2、だいたい16時くらいまで、大学の講義みたいなやつを受ける

3、資格の証明書(手帳や賞状)が配布され、晴れて食品衛生責任者になる

以上です!!!!

いかがでしょうか。要するに、一万払って資格を買うってそれだけの話です。行政の利権of利権と言ってしまっていいでしょう。

よって、事前に何か準備したり勉強したりする必要は一切ありません

一応申し上げますと、講義の最後に3択クイズ5問のテストがあります。ですが、これはめちゃくちゃ簡単だし、全問不正解だったとしても資格はもらえる全く意味のないテストです。

講義の内容も、基本的にはテキスト(受講料1万円にテキスト代が含まれていて当日配布される)をなぞっているだけです。

僕が受けた時は講義中はスマホやPCが禁止で、時間を潰すのが本当に大変でした。「夜ごはん何食べようかなぁ...だけで1時間くらい時間を潰したのは、あの時が初めてかもしれません。

というわけで、講習を受けるにあたって必要なものは

・受講料1万円

・本人確認書類(免許証、パスポートなど)

・元気な身体

の3点のみです。簡単ですね。

講習を受けるためには


ここまでの流れをおさらいしますと、

・食品衛生責任者の資格は、それだけで喫茶店が開業できちゃう重要な資格

・食品衛生責任者の資格を取るには、食品衛生責任者講習を受けなければいけない

・講習はクソ楽なので、特別な準備はいっさい必要ない

となっています。次なる疑問は、「じゃあどうやったら講習受けられるの?」だと思います。

これも明確で、「規定の会場に、規定の日時に行く」となります。

規定の、という言いまわしをしたのは、食品衛生責任者講習はどこでもやっているわけではなく、各都道府県に設置された食品衛生協会が決めた会場・日程で開かれているからです。

例として、僕が受けた東京都の7月の日程表を見てみましょう。各都道府県の食品衛生協会の公式サイトに行くと、会場と日程の一覧が見られるようになっています。

7月は、東京都内で計11回開かれていますね。

単純計算で、三日に一回の確率です。会場は都内に5箇所ほどあり、一番多く開催されているのは渋谷にある食品衛生センターです。僕もここで受けました。

さて、画像の表の一番右の列、【残数】の欄をみてください。赤字で満席となっている回と、人数が表示されている回があります。

このことからわかるように、食品衛生責任者講習には各日程について予約して申し込む必要があります。席は先着順で埋まります。

ですが、僕はなにかを予約するという行為が本当に苦手です

個人情報をちまちま入力したり、他の予定もわからない先の日付のカレンダーにスケジュール組んだりと、1ヶ月後に予約するという行為そのものがストレスフルでした。

忙しい皆様におかれましては、「自分の都合がいい日程はもう全部予約いっぱい...」なんてこともあるかもしれません。

そもそも、当日のスケジュールなんて当日になるまでわかんねえんだよ!(ダメ人間あるある)だるいとかいう理由で休みたくなるかもしれないし。

ではなぜ、ダメ人間の僕が講習を受けられたのか。

それは、「行きたい!」と思った日程が予約一杯でも、予約をしてなくても、参加できる方法があるからです。

それが、当日キャンセル待ち参加です。詳しくお話しします。

※ここから先は予約ができないダメ人間向けの話です。ちゃんと予約して会場に行けるアビリティがある人は、ここまでで結構です。

食品衛生責任者講習の当日キャンセル待ちとは?


はい、予約ができないダメ人間諸君、こんにちは。仲良くしましょう。

さて、東京都の食品衛生協会の公式サイトには、講習の受講要領について以下のような記述があります。

※各会場とも、キャンセル待ちを実施しています当日、欠席により席が空いた場合にのみ、受講していただいております。満員の場合は、受講をお断りしております。

はい、お分りいただけたでしょうか。つまり、『当日空席が出たら、その分だけはドタ参の人入れるよ』ということです。

この制度を利用すると、予約しなくてなくても、予約していた人々と同じように講習を受けられるということです。

繰り返しますが、当日キャンセル待ちのゲキレツなメリット

・予約とかいうきつい作業をしないでいい

・当日行けることになれば行けばいいので、スケジュールを調整する必要がない

ということです。

この当日キャンセル待ちを利用して、講習が開かれている日の朝に、「あ、今日は起きれたし暇だし行けるな」って時にふらっと行けばいいんです。

きになるのは、「本当にキャンセルなんて出るの?」というとこ露じゃないでしょうか。僕は気がかりでした。

これについて確かなことを言うのは難しいですが、僕の時は当日欠席が10以上あり、それに対してキャンセル待ちで参加していた人が4人だけでした。

冷静に考えて、200人弱の席があって全員が来るというのはあまりなさそうな気がします。体調不良とか、急な予定とかで休む人が出るのはよくわかる話です。

講習は事前に金を払っているわけではないので参加モチベが保ちづらい、空席を増やす理由だと思います。

予約なしで行ける当日キャンセル待ちのハードルの方が、予約をして行くことよりよっぽど低いのではないかというのが、ダメ人間意見です。

当日キャンセル待ちでの参加方法


ここからは、実際に当日キャンセル待ちで参加してきた僕が、具体的にどういう感じで参加したのか書きます。

※自治体、会場によって事情が異なることが予想されます。ご了承ください。

僕が行った時は、予約した人が9時30分から受付を開始したのに対して、当日キャンセル待ちの人は9時45分から手続きでした。その時間より前は、どれだけ早く着いていても受付はしてもらえませんでした。

予約した人用の受付デスクのすぐ隣に、当日キャンセル待ち用のデスクがありました。

9時45分になると、当日キャンセル待ちリストに氏名と電話番号を記入します。

この受付は先着順です(並んだ順)。当日キャンセルが出た分に、この順番で入れてもらえるので、なるべく早い順番にいたいいところです。

あとは、予約した人の受付が締め切られる10時半ごろまで待機し、キャンセルがあれば入れる、といった感じです。

10000円を払って会場に着席し、そこから先は予約した人たちと同じように講習を受けました。

ざっとですが、これが当日キャンセル待ちで参加する方法です。

ポイントは、9時45分の手続きの時に早い順番を確保することなので、様子を見ながら早めに並んでおくといいかもしれません。10分前とか。

食品衛生責任者はあいまいでも取れる資格


結局このエントリで言いたいのは、すげえ適当にやっても食品衛生責任者になれるからみんな難しく考えなくていいよ、ってことです。

学生が店舗を持つことの1つのハードルは、今まで慣れしてしまなかった行政、資格、税金などの堅苦しいモノゴトと付き合っていかなければいけないところだと思います。

僕はそれが面白そうなので店長になりたいわけですが。

このエントリでは、学生の店舗開業のハードルを少しでも低くするため、食品衛生責任者についての概要と、簡単な取得方法をまとめました。

役に立った!と思っていただけたら、シェアやスキ、サポートなどして欲してね!!

0630 小林武史

ご連絡はTwitterのDMまで→ @kbystks_

店長になりたいと思った話も合わせてどうぞ→ note: 店長になりたい



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートをしていただけると、僕の生活に潤いが出ます

スキが嬉しくて死んじゃったよ
1

kbystks

東京大学教養学部国関の4年(休学中)/ 在学中に『店長になる』という目標のもと、その活動を綴っています Twitter→ https://twitter.com/kbystks_ Mail→ tkskbys.1997@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。