好きなことを続けるということ

私が当時ファンだった声優が登壇する舞台挨拶を見に行った際、偶然にも共演していた宮野真守が正面に立つ席に私は座っていて、私は『うわ~なんでよりによって宮野真守が正面の席…宮野真守ファンに席譲りたい…』と思っていた。
そんな思いの中で初めて実際の宮野真守を目の当たりにしたことは今でもはっきりと覚えている。

この続きをみるには

この続き:2,760文字

好きなことを続けるということ

ぶっとびスキップ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
5

ぶっとびスキップ

ライブドアブログから移転しました。宮野真守さんのおたく。気の向くままにつらつらと書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。