今後のトイデジ部について

ご報告です。
再考に再考を重ねた結果
私が立ち上げた気高いトイデジ部は解散させて頂きます。

どうして?と思う方もいるかと思いますのでその経緯をお話しさせて頂きます。
事の発端は映画のクラウドファンディングの件で部員の方と揉めたことですが他にもあるのです。
クラウドで揉めてしまった彼が「辞めます。」と言った事で
他の部員の方達が「辞めなくていいよ。」と味方してくれる仲間がいるこの部活は優しいなと思いましたし
そう言った部活になっていたことに少し嬉しく思っていました。
私もクラウドで揉めたくらいで「辞めます」と言わないで欲しかったので支えてくれるその存在に感謝しています。

ですが、そんな気持ちと裏腹にその方達が間接的に私を責めるようなことを言い始めたのが少し気に障りました。

そして私は日に日に増すネガティブコメントで「私が間違っていたのかも」と思うようになり
せっかく素敵な部活になっていたのだから私が辞めればいいんだと思うようになりました。

最近まで私はトイデジ部をやめるつもりでいました。
フォローしてくれてる方からプロレス団体を揶揄して「いおりさんが作ったけどいおりさんが辞めて別で新団体を立ち上げる」みたいなことを言ってくれたり色々試行錯誤しました。
今のトイデジ部員達にとって私さえいなければ今まで通りに楽しく活動していけるなら、私自身が辞めることは全然厭わなかった考えなので「もう抜けよう」という考えが大きく占めていて、そうするつもりでしたが
そもそもこのトイデジ部の何がひっかかているのかを考えた時に「私が辞める必要はないじゃん」と気付いてしまいこの度、解散という決断を下しました。

この部活は私が作った部活です。
私は昭和のえっちなお姉さん、やらしいせつない気高いなどをコンセプトに被写体活動をして"自分の作品を発表する場所"を探していました。コミケやコスホリでもデザフェスでもなくもっとしっくり来る発表の場を。
そして自分以外にも他のクリエイターもそんな場所を探しているのでは?と思い、トイデジ部を作りました。

軸となるものをトイデジにした理由は
誰でも簡単にいい感じに撮れる。
現像代もかからない。
下手も上手いもない。
だからどんな人でもトイデジを通して繋がりやすい。と思ったからです。

私はまず部員から写真を集めて部誌なるものを作ったり展示をしたりデザフェスに出たり
認知が上がるようにTシャツを作ったり様々な事をしました。
一度だけZINEとクリエイターのイベントも開催しました。
トイデジで作った映画を撮った監督に声をかけて頂き映画にも参加しました。

そして私だけでなく色んな人が繋がって自分の作品が人に見てもらうきっかけになればいいと思っていました。
そういう場所だったのです。
後に私事ですが生活の拠点を東京に移したので新たな仕事、ずっと作りたかった映画に取り組む為にトイデジ部の運営を信頼できる部員に任せました。(任せた人達には感謝しています。)
運営を任せつつも私なりに部活を楽しませるためにいくつか企画を考えていました。
ようやくその企画もまとまりつつあった時に今回の騒動が起きてしまいました。
きっと楽しんでもらえる!早く発表したいな!と心待ちにしていたのに。

一緒に企画を考えてくれていたスタッフは「こんな状況なのにそこまでしてあげる義理はあるのかな?」と。
こうして私は今回の「解散」を決意しました。

トイデジ部は今月末で解散とさせて頂きます。
しかし来月から新しく活動を予定しています。
今まで通り一緒に盛り上げてくれる方はそのまま残ってください。
私もアンチと何かしたい気持ちはないのでそういった方はご退出してくださって結構です。

次のトイデジ部は一緒に楽しく活動してくれる人と一緒に行って行きたいのでアンチの方はお断り致します。
これは私を始め参加者が気持ちよく活動するためにハッキリと言わせて頂きます。

これにて気高いトイデジ部に関してのご報告とさせて頂きます。
長文失礼致しました。

今後の活動につきましては別途案内させて頂きます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

いおり気高い

昭和のえっちなお姉さん。 写真集『IORI the SAINT』 ネイルサロン kedakai アパレルブランド charlem
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。