「税金」あなたはいくら引かれてる?

会社から給料をもらう生活をしていると、つい税金や保険は「最初から決まっているもの」「引かれるのが普通」と思って無視しがち。
ですが、私たちの生活が苦しい原因は、どうもここらへんにありそうです。

「生活が苦しいのは、自分の稼ぎが少ないからだ」と私は思っていましたが、それだけではなさそうです。
今回も、この「給料と税金・保険」を勉強してみました。

『取りやすいところから取る』がこの世のルール

お金は、取りやすいところから取られるそうです。
企業や経営者は取りづらい。サラリーマンは取りやすい。

税金や保険料について、まさにそうだと思いました。
企業や経営者はお金の勉強をしているから「節税」もできているし、「払わなくても良いお金は払わない!」という姿勢だからお金を取りづらい。

お金を取られやすい人、サラリーマン

会社から給料をもらって生活していると、給与を受け取るのは、税金も保険も引かれた後ですね。
そして、なんだかモヤモヤしつつも「まぁ、しかたない」と納得するのがサラリーマン。これは、国にとっては助かる存在です。

 ・自分の稼いだお金から、いくら引かれているか調べよう!
 ・引かれるお金を減らそう!

こういった抵抗をせずに受け入れてくれるので、好きなだけ引けるんですね。
私のように「お金にうとい」人たちは、お金を取る側からすると、とてもありがたいのです。

※スーツを着ていなくても、給料(サラリー)をもらっている人はサラリーマンです。


年収200万円の人は、37万円消えている

では、実際にどれくらい引かれているんでしょうか。こちらのサイトの、早見表を参考にしてみます。
>>年収別 所得税早見表&自動シミュレーション

年収200万円の人は、年に「37万円」、稼いだ1/5のお金を税金や保険で引かれます。

月収だとこうです。

月収16,7000円 → 31,000円引かれる → 136,000円もらえる

がんばって稼いだお金の20%を持っていかれてしまうのは辛いですね!
月収16万円の人が3万円を引かれるのは一大事。3万円があるとないとでは大違いです。

年収1,500万円の人は、470万円消えている

しかし、お金を稼いでいる高収入の人たちはさらに辛い。
年収1,500万円の人は、年に「470万円」、1/3も引かれます。

月収なら、

月収125万円 → 39万円引かれる → 86万円もらえる

86万円が手元に来るのであれば生活には困らなそうですが、お金を稼ぐために努力したのに、30%も持って行かれるのは納得できないのでは…!


税金の意識は、生活を楽にしてくれるかも?

一人暮らしなら、家賃を入れても毎月の生活費は15万円程度に抑えられそうです。
でも、年収800万円を超えると、税金と保険料が生活費を超えるようで…おそろしい!

しかし賢い人たちは、その対策をちゃんとしているようです。

知らない人はお金を取られ続け、知っている人はそれを防げる。
知らない人は損をして、知っている人は得をする。

お金の知識がなさすぎた過去の自分にガッカリしましたが、少し希望も見えました。

今回は、「自分がどれだけお金を失っているか」を知ろう、というお話でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさんも、自分の「手取り」と「引かれているお金」を、ざっくりとチェクしてみませんか。

↑ ↑
給料から引かれる項目は、表の中の「社会保険料・所得税・住民税」の3つ。もらえる金額は「手取り」の項目です。
(表の右側が隠れているので、スライドを動かして表示)

表だとわかりづらい方はこちら。税金や保険料が一瞬で分かります!
↓ ↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

まずは、ちまちまコツコツ書くのが目標。「未来の大人」の役に立てるブログ、サイトができたらいいなと妄想中です。

わーい(^○^) ありがとうございます!
1

給料のはなし

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。