こんなに働いても楽にならないのはナゼ!? 収入と税金の関係

なんだか苦しいな~。こんなに頑張ってるのに、なぜ生活が楽にならないんだろう?
給料も安いし、保険代も高いし…と、何となく思ってはいるけど、いったい何がいけないの!?

そう悩んでいるのは、あなただけではありません。そして、その悩みの原因は、日本の状況にもあるんです。

私たちは今、どんな状況におかれているんでしょうか。日本の「お金事情」をざっくり見てみましょう。

収入が減り、税金が上がっている日本

1990年頃に起きた「バブル崩壊」の後、私たちの収入は減り続けています。
でも逆に、税金と保険は上がり続けています。

これは、「収入が減っているのに、収入から引かれるお金が増えている」ということ。苦しくなるわけですね! くわしく見てみましょう。

給料は下がり続ける

1998年、日本の平均的な給料は、年に約420万円だったそうです。
それが、2017年には約370万円になりました。

年収420万円だった人の年収が、9年後には50万円減り370万円に。

月収で考えると、
35万円だった収入が31万円になった。月に4万円減ったことになります。

近年でいちばん年収が少なかったのは、2009年の350万円代でした。
「リーマンショック」という世界の大事件が起きた、その翌年のことです。


所得税:景気に乗って上がる

私たちの給料から引かれる「所得税」。
その金額は名前のとおり、所得=給料・収入によって変わります。

そのため、リーマンショック後の2009年は安くなり、年間約14万円になりました。
しかし、後に景気が良くなり収入が少し上がったので、その波に乗ってかけ上がり、2007年には17万円を超えちゃいました。

国民健康保険:ずっと上り調子

国民健康保険は、私たちの医療費を1/3にしてくれます。1万円かかるはずの医療費を、3千円ちょっとにしてくれるので助かりますね。

しかし、その保険料は上がり続けています。
1998年には約8万円、それが、2016年には10万円を超えました。

国民年金:これもドンドン上がる

話題の国民年金ですが、定年後の生活を助けてくれる…と言われているもの。
しかし、こちらも金額が上がり続けているので、定年後というより、今の生活をおびやかいるのでは!と思っちゃいますね。

1998年には年間約16万円、2017年には約19万8千円です。

びっくりのまとめグラフ

さて、これまでのグラフをまとめると、このようになります。水色の線が、収入である「給与」です。

「収入は下がり、取られるお金は増えている」というのがよく分かるグラフになってしまいました。

しんどい時代だからこそ学ぼう

「アメリカの経済や社会の動きが、10~20年遅れて日本にやってくる」と言われます。アメリカをおそっている収入の格差や、健康保険料の爆上がり、日本にもすでに、そんな波が広がっているようです。

「これじゃぁ生活が楽になるはずもない!」と暗くなりそうですが、だからこそ、お金の勉強はしていかなければと思いました。

ムダ使いをしない方法、取られすぎているお金を取りもどす方法、税金を少なくする方法…などなど、役に立つ勉強はたくさんありそうです。じっくり学んでいこう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・
<参考>給与と所得税:民間給与実態統計調査結果/国民健康保険料:国民健康保険事業年報(PDF)/年金:国民年金保険料の変遷

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

まずは、ちまちまコツコツ書くのが目標。「未来の大人」の役に立てるブログ、サイトができたらいいなと妄想中です。

φ(. .)この記事が人気。…メモしました!
1

給料のはなし

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。