4月~6月の収入で「社会保険」の金額が決まる

「4月から6月は、会社で残業をしすぎないほうが良いよ!」とアドバイスをされたことがあります。そのときは「ふ~ん」と思っただけで忘れていましたが、あらためて調べてみたら、なんだか大事なお話のようです。

そこで、少し勉強をしてみました。

4月~6月の収入が高いと、9月からたくさんお金を引かれる

4月~6月の収入で、9月からの「社会保険」の金額が変わるそうです。
この3ヶ月間の収入が多いと、翌年、保険料をたくさん引かれてしまう。だから、「この3ヶ月は残業代でかせぐな」ということだったんですね。

社会保険料が決まるしくみはこうです。

① 4月~6月の3ヶ月分の収入を足す
② 3で割る

この結果が1ヶ月の平均的収入、『標準報酬月額(へいきん ほうしゅう げつがく)』と呼ばれます。

これが、9月からの「社会保険料」を決めるもとになるんですね。

引かれる「社会保険料」って何のこと?

「社会保険料」といいますが、社会保険とは何のことでしょうか。社会保険は、以下のような「保険」をいいます。

●健康保険
●厚生年金保険
●介護保険

など。これが、私たちが毎月“”に払っている「社会保険料」です。

『標準報酬月額』をもとにして、フクザツな計算をすると、それぞれの金額が出ます。

それはとつぜんやってくる

さて、標準報酬月額をもとにして、1~3ヶ月かけて社会保険料が計算されたあとは、いよいよ9月から新料金がスタートします。
新料金の期間は、その年の9月~翌年8月の1年間。

4~6月 計測→ 9月スタート

ですね。びみょうな期間で覚えづらい!

「ほかの月は収入が少ないけど、この3ヶ月だけは多かった」というときは注意が必要。
収入が高い月をもとにして社会保険の支払い金額が決まってしまうため、収入は一緒なのに、9月から保険料の支払いが増えちゃいます。

保険料は給料から自動で引かれているのでわかりづらい。ある日とつぜん、「給料が減ってる!」となったら、それは社会保険料、または住民税のしわざの可能性が…。

(例)4月~6月にがっぽり稼いだ更里(さらり)さんの場合

たとえば、

3月にたくさん残業してがんばった!
おかげで、6月のボーナスがたくさん出た!(他の月はいつもどおり)

という、更里(さらり)さんの場合はこうです。
更里さんは社会人になって5年目。社会保険にも5年加入しています。

ボーナスを入れると、4月~6月は合計して30万円のアップ。平均すると、この3ヶ月間は月10万円も収入がアップしました。更里さんは大喜び!

ところが、9月から1年間、社会保険料が14万円も上がることに! こう見るとヒサンですね。

でも、悪いことだけではありません。
将来、おじいちゃんになったときにもらえる「厚生年金(こうせいねんきん)」の年額が、3万円アップするからです。

なんだ良かった! と思うかもしれません。次のお話で、さらにつっこんで考えてみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたがもらえる厚生年金はいくら!?
早見表&自動シミュレーションでチェックしてみましょう ↓ ↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

まずは、ちまちまコツコツ書くのが目標。「未来の大人」の役に立てるブログ、サイトができたらいいなと妄想中です。

φ(. .)この記事が人気。…メモしました!
2

給料のはなし

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。