トルコ語講座|第1回|アルファベットと発音

トルコ語にはアルファベットが全部で29文字あります。

大文字 A B C Ç D E F G Ğ H I İ J K L M N O Ö P R S Ş T U Ü V Y Z
小文字 a b c ç d e f g ğ h ı i j k l m n o ö p r s ş t u ü v y z

ほとんど英語と同じですね。
でもいくつか違いがあるので以下にまとめます。

英語にあってトルコ語にない文字 = Qq, Ww, Xx
トルコ語にあって英語にない = Çç, Ğğ, Iı, İ, Öö, Şş, Üü

" I / ı " と" İ / i " は似てますが、違う文字ですので気をつけてください。
まあ、ここまでは「ふむ、なるほど。」と思っていただければいいです。

次からは、ちょっと重要な発音に関わるルールを説明します。

大文字 A B C Ç D E F G Ğ H I İ J K L M N O Ö P R S Ş T U Ü V Y Z
小文字 a b c ç d e f g ğ h ı i j k l m n o ö p r s ş t u ü v y z

太字の文字以外は日本語のローマ字とほぼ同じように読みますので、特にここでは説明しません。問題は、太字の文字の発音です。以下に、まとめますので、しっかり覚えましょう。

C/c  - /dj/ 日本語の「じゃ・じ・じゅ・じぇ・じょ」の子音
Ç/ç - /ch/ 日本語の「ちゃ・ち・ちゅ・ちぇ・ちょ」の子音
Ğ/ğ - 発音しない。日本語の長音記号(伸ばし棒)「ー」のようなもの
I/ı - 日本語の「う」とほぼ同じ。厳密には「うぃ」のような音。
Ö/ö - ドイツ語のöとほぼ同じ。「え」と「お」中間の音。
R/r - /r/ 巻き舌音。
Ş/ş - /sh/ 日本語の「しゃ・し・しゅ・しぇ・しょ」の子音
Ü/ü - ドイツ語のüとほぼ同じ。「い」と「ゆ」中間の音。

トルコ語の発音は難しくないです。ÖとÜ以外の音は全て日本語にもあるので、書こうと思えばカタカナで書くことができます。ÖとÜの発音を知らない方は「ドイツ語 o u ウムラウト 発音」等で検索してみてください。
あと巻き舌のRができない人は練習しておいてください。よく知られた練習の仕方に「札幌ラーメン」を何回も言うという方法があります。ちなみに私はそれでできるようになりました。お試しください。

では、今度は、実際に単語にトルコ語の単語を読みながら、発音の細かいポイントを覚えていきましょう。

発音のポイント 1
・c = dj
・j = j
例1 çocuk - 子ども 例2 jest - ジェスチャー

ç も j も日本語では「じゃ・じ・じゅ・じぇ・じょ」のように聞こえるのですが少し違いがあります。ç を発音する時は、舌が口内の上壁(硬口蓋)に当たり、j は当たりません。ç の音は「じゃ・じ・じゅ・じぇ・じょ」なので問題ないのですが、j は日本語にない音なので発音の際は意識しましょう。
例1 は「ちょじゅく」、例2は「ジェすと」みたいに読みます。
ちなみに j は元々トルコ語にない音で、外来語にしか現れません。 j を見たら外来語と思っていただいて結構です。

発音のポイント 2
・ğ = 伸ばし棒 
例1 uğur - 幸せ 例2 oğlak - 子ヤギ

ğ は日本語の伸ばし棒だと思ってğの前の母音を長く発音するようにしてください。例1は「うーうる」、例2は「おーらく」のように読みます。

発音のポイント 3
・アクセントの位置 = 最後の音節
例1 hamam - ハマム(トルコ式サウナ)
 例2 horoz - 雄鶏

トルコ語の単語は一部の例外を除いて最後の音節にアクセントが来ます。アクセントが置かれた音節は他の音節より強く発音します。日本人の私たちには、強くというより、むしろ「はまーむ」と伸ばして読んでいるように聞こえることがあります。ちなみに h の音は日本語の「は・ひ・ふ・へ・ほ」よりもっと強い音です。「か・き・く・け・こ」を言うときの舌の形で、kの代わりに息を強く吐き出すとこの音が出ます。「まーむ」「ろーず」みたいなかんじです。まあ、日本語のhの音とは違うということを押さえておいてください。

発音のポイント 4
・I/ı = ふつうの「う」
・U/u = タコの口で「う」
例1 kadın - 女の人
 例2 Bursa - ブルサ(トルコの都市)

初心者の方がよく間違えるのが ı です。i に似ていますが上の点がありません。発音も「い」ではなく「う」と読みむので気をつけましょう。「う」と言えば、トルコ語にはもうひとつ u という文字がありますが、これも「う」と読みます。ただ ı よりもっと口を丸くすぼめて、タコの口を頭に思い浮かべながら「う」と言ってください。 ı より u のほうが少しこもった(低い)感じの音になっていればOKです

・・・・・

さて、今日の勉強はこれで終わりです。
もっと勉強したい方は、以下の練習問題(+mp3音声ファイル)に挑戦してみてください。

*****

まずはこちらから音声ファイルをダウンロードまたは再生してください

練習問題  以下の単語を発音してみましょう。よく使う単語なので意味も覚えましょう。
isan - 人 / erkek - 男の人 / kadın - 女の人 / anne - お母さん / baba - お父さん / çocuk - 子ども / evlât - 赤ちゃん / ev - 家 / at - 馬 / kedi - 猫 / koyun - 羊 / köpek - 犬 / çiçek - 花 / ot - 草 / kağıt - 紙 / selâm - あいさつ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

みけ

トルコ語講座

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。