見出し画像

ザ・クロマニヨンズの名言から【1分で読めます】

ザ・クロマニヨンズが日本テレビ「スッキリ!」にインタービュー出演していました。
レコーディングの前にはメンバーで回転寿司に行くのだそうです。

その話の中で,生ける伝説のヒロトさんが放った一言がこちら。

20191102子若研修:ほめてほめて

これって,インクルーシブ教育の目指すものと一緒では???
と,テレビを見ながらテンションが上がってしまいました。


一緒にいる。でも,同じものを食べなくていい。
店によっては,ラーメンもカレーも食べることができる。
まさに,選択権があることは自由の必要条件です。

一緒の教室にいる。でも,同じやり方で勉強しなくていい。
自分にあった方法で学ぶことができる。
多様な子ども達が共生するためには,
そういう学びの空間やしくみが必要だと思うのです。
ただ,そこには一定のルールや制限はあるべきで,
回転寿司にもルールや個々の予算というものがあるのと同じです。

ただ,私のわがままを言わせてもらえるなら・・・

弁慶

佐渡の,メチャメチャ美味い回転寿司「弁慶」
ここに行くときには,「まだ食べるの?」と嫌みを言う妻から離れ,
ひとりで,より自由に食べたいなという欲望があります。

今回は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたにサポートしていただいた資金は,インクルーシブ教育を進めるため大事に使わせていただきます。

あなたにラッキーなことがありますように。
26

佐渡インクルーシブ教育プロジェクト:村田 圭

佐渡インクルーシブ教育プロジェクト代表/佐渡保育専門学校特任講師/佐渡市子ども若者相談センター巡回支援専門員/新潟県新星学園(放課後デイ愛らんどえがお兼任)相談室長/種火の会世話人/発達障害研修講座講師///教育専門職修士/保育士////心臓の弱い人として生きてます。一病息災。

インクルーシブ教育ざっくり総論

インクルーシブ教育に関するザックリとした総論などなど,これを読めばインクルーシブ教育について語れる人になれます。

コメント4件

皆んないるけど、一人一人自由  響きが心に入る言葉と記事です。ホットします。
コメントありがとうございます。
ちなみに,病気後は回転寿司は5皿と決めております。
酢飯に塩分が入っていると言われたので。
それにしても以前は食べ過ぎでした。
コメントは初めまして〜。先日テレビでやってましたが、皿の枚数さえ制限したら、毎日お寿司食べて痩せるって実験やってました。私回転寿司屋もバイトしてたことあって、案内上手すぎて解雇になった体験談も最近noteでも投稿しましたよ。ココナラのビジネスのマガジンです。何でだよ〜でしょ、、ブーン。
コメントありがとうございます。
私の地元,新潟県佐渡市には,最上級の回転寿司屋があります。
ついつい食べ過ぎてしまいそうですが,今は5皿までと決めています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。