見出し画像

組織の中でのありたい姿〜いつも大川小は大切なことを教えてくれる〜

大川小の校庭で目を瞑ると、何を考えるでもなく、自然と大切な感覚が戻ってくる。

1年半ぶりに、大川小学校に行き、佐藤敏郎さんの話を聞いた。

感じたことを残したメモを残しておきたい。

組織において、「本当に大切なこと」は主張しなければ見失う

間違いなく、大川小で一番先生たちが大切にすべきだったのは、「子どもたちを守ること」だった。しかし、どうするか先生たちは議論することができなかったと言われている。
そして物事が終わってからから気づくのは、「あの時裏山に逃げようと主張すればよかった」という無念さ。きっと最後の一瞬まで先生たちはそう思ったであろう。
先生たちも大切にしたかったはずの、「子どもを守ること」。でもそれは主張しなければ実現できない。

あの時校庭で、「大切なこと」である「子どもたちを守ること」に愚直であることに本気で向き合うことが必要であった。

組織というのは怖い。それでも僕はちゃんと「私はVisionに対してこれが大切だと思う」ということをちゃんと伝える人でいたい。

大変かどうかじゃない、意味があるかどうか

大変だからやらないじゃなくて、意味があるならやろう。
そうやって周りを巻き込んでいける人でいたい。

目的があるなら、自分がどうかじゃなくて、目的に対してどうかをちゃんと考えたい。目的に対して頑張ることが自分のためにもなる感覚を知っている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートを受けてのお金は、僕のコミュニティ創りの資金にさせていただきます。 人が人とつながりやりたいことを実現するコミュニティを一緒に創りましょう。

5

高橋 奎

スターマインinc. 長期インターンデザインコンサルを担当 #npoカタリバ にて100以上の高校にキャリア学習を届けた Zカレッジなどでコミュニティデザイナーとして活躍。 「場を創ることから一人一人の想いを叶える」がテーマ #コミュニティデザイン #組織 が関心です。

日常から生まれた問いたち

日々感じたことを意見としてこれが正しいというよりも、これって大事なんじゃないか?という問いとともに投稿したもの集になります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。