Kei Toriki

漢字のミスリード 「絶対音感」と「上流工程」

日本語の漢字には多くの場合、複数の意味があります。その漢字が言葉の意味をミスリードさせている場面は結構多くあるなという気づきです。

よくある誤解として「音と楽しむと書いて音楽」がありますが、楽しむという意味での「楽」と、音楽や雅楽、楽器の「楽」は異なります。

このような些細な誤解のみならず、世の大きな歪みも実は漢字のミスリードによって発生しているのではないかと自分は思います。

同じく音楽の話

もっとみる

神回-kamiquai-vol.1 ありがとうございました!

3/1に早稲田茶箱にて開催しました「神回 -kamiquai- vol.1」にお越しくださった皆様、出演者・関係者の皆様、ありがとうございました!

鮮度があるうちに記事を書くことに失敗しがちの私ですが、今回もミスりました。当日のことをゆっくり思い出しながら、書きます。

単刀直入に言うと、神回は本当に文字通り神回になったので非常に嬉しかったです。あと、とにかく当日が楽しすぎました。「神回」と開始

もっとみる

髪を寄付した話

数年ほど伸ばし、へそ近くまであった髪を昨年末に切った。髪が長くなればなるほど、男性である自分に対して「なぜ伸ばしているのか」と聞く人が増えたことを覚えている。そう聞かれるたびに、特に深い理由も意味もないことを伝えた。

逆に、自分の髪型について、その理由を語れる人間がいるのだろうかと疑問に思う。憧れている人と同じ髪型、楽な髪型など、いろいろな理由がありそうだが、明確に答えられる人間はそう多くないだ

もっとみる

アーティストのライブを撮影し、アーカイブするイベント「神回 -kamiquai- vol.1」 開催します!

どうも、等力です!この度、カメラマンのtoshimuraさんと共同で「神回 -kamiquai-」というイベントを立ち上げました。さっそく第1回を今年の3/1に開催します!

どういうイベントなの?

アンダーグラウンドのクラブやライブハウスで活動しているミュージシャンのめっちゃいいライブパフォーマンスが全然Youtubeに上がっていない!ので、それなら自分たちで撮影クルーがいるイベントを企画して

もっとみる

ネクロ魔×ネムレス 「boundless wounds」楽曲解説

2018/12/23に発売された、ネクロ魔×ネムレスのスプリット作品『boundless wounds』のタイトル曲である「boundless wounds」を作曲者が解説します。

以前、ネクロ魔の「R'LYEH」の解説をしたので、未チェックの方は暇な時にでも読んでください。こちらはデモ音源のおまけがつきます。

今回は執筆のスピード感を意識してデモ音源配布はなしにして、価格を300円に下げます

もっとみる