【無料公開】2019年2月3日(日)のプレミアム3万円勝負!(予想根拠・印・買い目・馬券まで全て公開!)

本日のプレミアム3万円勝負です。

うーん、正直、厳しい戦いが続いている当コーナー。

プレミアム3万円勝負!2019通算成績(2/2時点)
投資:290,000円 回収:66,340円
回収率:22.8%

ただ、きちんと公表していくことで、しっかりと収支をまとめていくのが目標でもあります。リベンジを目指して挑戦していくしかないですが、しっかりと収支を着けるのはやはり大事。競馬を見るスタンスは変わっていないので、また秋のように一気に逆転もあるでしょう。それが今日かもしれませんが、、。

本日のレースラインナップはこちらです。

●東京9R ゆりかもめ賞 芝2400m(14:35発走)8000円
●京都11R きさらぎ賞 芝1800m(15:35発走)6000円
●東京11R 東京新聞杯 芝1600m(15:45発走)10000円
●東京12R 4歳上1000万下 芝1400m(16:25発走)6000円

印はもちろん、それぞれのレースの予想根拠から買い目、そしてその通りに合計3万円で勝負した馬券も実際にアップしています。参考にして自分なりに考えていただいても、丸乗りしても良い内容となっていますので、自由にご利用いただければと思います。

※東京新聞杯の予想は、予想はブログにてアップしますが、買い目の公開はこのnote版のみですので、ご了承ください。

ではいきましょう!

●東京9R ゆりかもめ賞 芝2400m(14:35発走)8000円

前走の500万下、スローペースで不発に終わったラストヌードルが本命です。前走負けはしたものの、デビュー戦は、フェアリーSを勝ったフィリアプーラと追い比べを制しての勝利で価値のあるものでした。あのフィエールマンの弟ということで、血統背景もたしか。このまま終わる馬ではないでしょう。今回武豊騎手に乗り替わっての最内枠。リベンジの態勢は整ったとみます。

対抗はキタサンバルカン。前走も最後の最後に後ろから飛んできての4着。やはり末脚は確実です。前半の行き脚がつかないので、距離延長も歓迎。使われつつパフォーマンスを上げているので、ここでも当然最後に末脚を伸ばして勝ち負けになると思います。

ハギノアップロードも距離延長が歓迎のタイプ。相手なりに走れる根性がありますし、スタミナ比べでも分があるでしょう。関東遠征になりますが、適性さえ見せればここも上位争いになるはずです。

圧倒的人気になるであろうサトノジェネシスは4番手まで。サトノダイヤモンドと同じ血統ということで注目と期待を集めていますが、ここ2走のパフォーマンスは正直物足りないもの。四肢の伸びは兄と比べてもまだまだ固く、現時点では及んでいません。それに対しての過剰な人気ですし、評価を下げて妙味と見ます。

あとは、ラージヒルやサンアップルトン、クラサーヴィツァなどの追って味のありそうな馬も抑えて勝負してみます。

◎1 ラストヌードル
○3 キタサンバルカン
▲6 ハギノアップロード
☆10 サトノジェネシス
△9 ラージヒル
△8 サンアップルトン
△5 クラサーヴィツァ

3連単:◎⇒○▲☆⇒○▲☆(6点、各500)、◎⇒○▲⇒○▲☆△(10点、各300)、○▲⇒◎⇒○▲☆△(10点、各200)

●京都11R きさらぎ賞 芝1800m(15:35発走)6000円

毎年のことではありますが、今年も少頭数となったきさらぎ賞。本命はヴァンドギャルドにします。ホープフルSでは直線不利を受けてしまい不完全燃焼。ハイレベルな東スポ杯で3着に入ったパフォーマンスは勝ち馬に相当するものがありましたし、持続力ある末脚から兄デムーロに乗り替わってさらに良さが発揮できそうです。

対抗にメイショウテンゲン。メイショウベルーガの子供ということで、いかにも京都外回りでは頼もしい血統。未勝利戦でもハイレベルなメンバーでもまれて好走してきましたし、勝ち上がってからのいきなりの重賞でもやれる力はあるとみます。ただ、勝ち上がった時に外に膨れたように若干気性面での不安は否ませませんが、今回はきっちり立て直してくれていると期待します。

3番手にアガラス。この馬も東スポ杯で素晴らしい末脚を披露。今の京都にも合いそうですし、崩れるイメージは沸きませんが初の関西遠征という点でやや割引きました。

4番手にダノンチェイサー。こうやまき賞でも実力馬相手に切れ味十分の内容。当然ここでも勝負になって不思議ありません。

少頭数なので、印はここまでで勝負します!

◎3 ヴァンドギャルド
○8 メイショウテンゲン
▲7 アガラス
☆4 ダノンチェイサー

3連複:◎○ー▲☆(2点、各1500)
3連単:◎⇒○▲☆⇒○▲☆(6点、各500)

●東京11R 東京新聞杯 芝1600m(15:45発走)10000円

今年の東京新聞杯は人気でもステイゴールド産駒のインディチャンプの成長力に期待します。完成途上だった3歳春でも強豪馬相手に善戦。休養明けだった前走の元町Sでは、たしかな成長力を見せつける圧勝ぶり。ここは一気に強豪相手になりますが、内枠を引いて好位でしっかりと脚を貯められそう。末脚も持続力があるので、よほどのスローペースにならない限り、きっちりと抜け出して来れるでしょう。

相手にはロジクライ。マイルCSでは、瞬発力勝負になってしまいこの馬には分が悪い形になってしまいました。ショウナンアンセムとテトラドラクマがある程度のペースで引っ張る展開になるでしょうし、そこからきっちりと伸び脚を見せれば、富士Sの再現あって不思議ありません。

3番手にタワーオブロンドン。末脚はたしかで、東京も不利を受けたNHKマイルカップ以外はしっかりと善戦。3頭出しの藤沢厩舎勢の中で、ルメール騎手がレイエンダではなくこちらを選んだのは自信の表れでしょう。

4番手にサトノアレス。今年の安田記念ではあわやのシーンを演出したように、切れ味だけならこのメンバーでは最上位ではないでしょうか。好枠を引いた今回、一か八かの勝負のインづきで上位争いになる可能性は十分にあります。

レイエンダは5番手に。大外枠と本質的な距離適性は2000m前後とみての評価です。穴ならリライアブルエース。京都よりも軽い芝で切れ味を発揮できれば。最後に東京コース適性抜群のレッドオルガも抑えます。

◎2 インディチャンプ
○10 ロジクライ
▲5 タワーオブロンドン
☆1 サトノアレス
△15 レイエンダ
△13 リライアブルエース
△6 レッドオルガ

3連複:◎ー○▲☆ー○▲☆△(12点、各400)、◎ー○▲☆(3点、各400)
3連単:◎⇒○▲☆⇒○▲☆△(15点、各200)◎○⇒◎○⇒▲☆△(10点、各100)

●東京12R 4歳上1000万下 芝1400m(16:25発走)6000円

ここは前走距離短縮でパフォーマンスを上げてきたトゥザクラウンが叩いた今回、勝つだろういう期待を込めて本命にします。もともと、トゥザヴィクトリーの子供で期待された馬。しかし、持病のノド鳴りに悩まされて出世が遅れています。ただ、このクラスはすでに勝ち上がっていますし、前走を見る限り1400mの方が適性がありそう。このメンバーなら正攻法の競馬で押し切ってくれると思います。

開幕2週目ということで、相手は内枠を中心に狙ってみたいです。

まずはロードカナロア産駒で距離短縮となるメモリーコロネット。2走前で勝ち上がった舞台で前進の可能性は十分に見込めます。シグナライズもインで貯めていけば前走のような脚は使えるはずです。オールザゴーも同様の理由で、内枠で武豊騎手というのも十分ねらい目でしょう。

あとは、外枠に入ったディロス、内のキラービューティ。スイーズドリームズも末脚勝負なら飛び込んできて不思議ありません。

◎5 トゥザクラウン
○4 メモリーコロネット
▲2 シグナライズ
☆1 オールザゴー
△13 ディロス
△3 キラービューティ
△11 スイーズドリームズ

3連複:◎ー○▲☆△(15点、各300)
3連単:◎⇒○▲☆⇒○▲☆△(15点、各100)

【注意事項】
●予想に丸乗りされるか、参考にして自分の予想に活かすかは自由です。ただし、金額に関してはあくまで参考程度でお願いいたします。もちろん、馬券の購入は自己責任でお願いいたします。
●馬名や馬番の記載には細心の注意を払っておりますが、間違っている可能性が無いとは言い切れません。購入の際にはチェックを忘れずにお願いいたします。気になる方は、必ず主催者発表のものと照合してください。
●note版は予想レース終了後、場合によって無料で公開する場合があります。
●note版の内容によって生じた、いかなる損害に対しても責任を負うことはできません。
以上、あらかじめご了承ください。また、内容へのご要望やご質問等は下記アドレスまでお送りください。
発行責任者 :手帖主
発行者ブログ:https://keibatechou.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

けいば手帖

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。