シングル61考察 〜がむしゃらドンファン〜

筆者にしては珍しくモチベーションが保てているので、第2回も書いてみようと思う。今回は前回に引き続いて、PGLで見てびっくりしたポケモン、ドンファンについて考察する。

タイマン勝負で気合のタスキが禁止アイテムということで、特性・頑丈のポケモンが強いということは容易に想像がついたので、その中でもイバンの実を持たせて一番強そうなジバコイルは開始早々試したが、あまり強く感じず解雇してしまった。そしてPGLで見かけてびっくりしたのがこのドンファンである。

持ち物:達人の帯
特性:頑丈
性格:勇敢
個体値:31-31-31-0-31-0
努力値:H252, A252, B4
実数値:197-189-141-65-80-49
技:地震 / ダストシュート / 氷の礫 / がむしゃら

持ち物はイバンの実、達人の帯、拘りハチマキなどがよく使われているようだが、やはりがむしゃら + 氷の礫の流れが強力なので、個人的には帯をオススメしたい。というかそれしか使っていない。

環境的にドラゴンタイプと鋼タイプとフェアリータイプしかいないので、地面 + 毒 + 氷の技範囲は非常に優秀である。頑丈の最大の敵・型破りオノノクスのハチマキ逆鱗を素耐えするのでそういった面でも優秀である。礫でカイリュー確2、地震 + 礫で大体のオノノクスを確定、ダストシュートで耐久に振ったマリルリを確2、ギルガルドより遅いのでブレードフォルム確1など、上位陣に対して非常に強い。

そして頑丈 + がむしゃらというシングル63ではめったに見れないコンボも強力で、無警戒の特殊アタッカーはほぼ確実に仕留められる。カウンターも覚えるが、有効範囲の多いがむしゃらのほうが優れていると思う。カウンターはカウンターで、滅ばないマリルリに勝てたりとメリットも多い。また、メタが進みすぎてポリゴンZが破壊光線や騒ぐではなく悪の波動を使ってきたりと、やや不毛になりつつあるのも注意。なお、このコンボを考えると、性格うっかりやで個体値が0-31-31-0-0-0の組み合わせが最善だと思われるが、さすがにそんな厳選をやるつもりはないので、乱数環境が整っている人にぜひ試してもらいたい。素早さ加工補正無しでもギルガルドよりかは遅くできる。この個体値でもオノノクスの逆鱗の素耐えは可能だ。

ちなみに、メジャーな調整は、HBがオノノクスのハチマキ逆鱗耐え、残り素早さ(ニンフィアを抜ける程度)らしいが、個人的には素早さが低いほうが使いやすく感じた。このあたりは両方使ってみるのがいいだろう。

ここまで書いていて、HAよりもABベースのがベターな気がしてきたので、後で育てなおそうと思う。

この続きをみるには

この続き:0文字

シングル61考察 〜がむしゃらドンファン〜

けいが

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

けいが

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。