さかさバトル雑感 その1

 5月12日より始まった、ポケットモンスターORASのレーティングバトル シーズン10。今回のシーズンのスペシャルバトルのルールは“さかさバトル”だ。

レーティングバトルΩR・αSリーグ スペシャルバトル

 最初は軽く遊んでみるつもりだったのだが、やってみると想像以上におもしろかったので、雑感をつらつらと書いていきたいと思う。

無効化特性とにかく強い

 わかっていたつもりだったが、タイプ相性で無効化されることがないので、無効化特性がとにかく強い。草技を無効にするミルタンクやゴーゴート、水技を無効にするエレザードやラプラス、電気技を無効にするライチュウやボルトロス……。浮遊は言うに及ばず、普段のシングルバトルよりもことさら気をつける必要がある。炎技(貰い火)は攻撃技としてもあまり強くなく、炎タイプしか無効化できないので微妙だが……。

 ゴーゴートなど、普段のシングルバトルではほとんど見かけないポケモンが普通に使えるレベルなのは非常に興味深い。まだ試合数をこなしておらず、高レートの試合を体験はしていないのだが、意外とワンチャンスあるポケモンが多いのかもしれない。

メガガルーラは思ったよりも出せない

 誰もが最強ポケモンと認めるメガガルーラだが、この環境では思っていたよりも動かしにくいのかもしれない。普段のシングルバトルよりもメガガルーラより早いポケモンが多く、しかもそれらのポケモンがやたらと火力のあるポケモンばかりなので、やや出しにくさを感じた。最初はミラーが多そうだからと最速猫捨て身で使っていたのだが、耐久振りのグロパン型も多いようだ。ゴツメジャローダがはやっていることもあり、使う側も考えないとメガガルーラを使って勝つのは容易ではなさそうである。

 ちなみに、筆者はXYのときのさかさバトルの結果からクレベースがたくさんいるんだろうと思って冷凍ビームをもたせていたが、どうやらほとんどいないようだ。

普段とは違ったポケモンが活躍する

 上述したゴーゴートを始め、普段のシングルバトルでは微妙でもさかさバトルだとなかなか使えるというポケモンは意外といそうだ。しっかりとメタを考えて使えば、普段はあまり活躍しないポケモンにも活躍の場があるかもしれない。

 最後に筆者のさかさバトルでのお気に入りのポケモンを2匹紹介して、今回のノートを終わりとさせていただく。なお、その2があるかどうかは未定であるが、試合をこなすことで考えが変わることもあるかと思うので、ぜひ書いていきたいとは思っている。

サンダース@命の珠

蓄電 臆病 H4 C252 S252
10万ボルト/シグナルビーム/めざめるパワー氷/ボルトチェンジ

 さかさバトルで強力な無効化特性をもち、弱点が少なく、その高いSで非常に抜き性能が高いポケモン。珠ではやや火力不足だが、技の撃ち分けこそがこのポケモンの強さなので仕方がない。さかさバトルだと4倍弱点を突きやすいシグナルビームが非常に強力である。めざパ氷はあまり使わないので、シャドーボールの方がいいかもしれない。ゲッコウガに対する有効打にもなる(D下降補正なら確1)。

ヌメルゴン@拘りスカーフ

草食 陽気 A252 D4 S252
逆鱗/地震/馬鹿力/パワーウィップ

 こちらも強力な無効化特性もち。ヌメルゴンの種族値はC > Aだが、草食を最大限活かすために物理一本にしてある。環境に多い高速アタッカーを上から叩くために持ち物はスカーフ。A+1地震でH4振りジャローダを高乱数1。メガフーディンは控えめが多いので上をとれることも多く、馬鹿力で確1(逆鱗だと中乱数)。もちろんさかさバトルでのドラゴン技の一貫性は言うまでもない。アクアテールや炎のパンチも選択肢に入る。D方面は無振りでも固く、珠ゲッコウガの波乗り程度なら耐える。

この続きをみるには

この続き:0文字

さかさバトル雑感 その1

けいが

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

けいが

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。