マウイ島での暮らし

さとうきび畑の緑と、海、山が豊かな「マウイ島」の暮らしから。

日本人にとって、住みたい国、行きたい国として不動の人気を誇る、ハワイ諸島。

日本では、「ハワイ=ワイキキ(オアフ島)」ですが、欧米ではマウイ島が全米No. 1リゾートとして人気だとか。

マウイ島は、ハワイ諸島の中でも2番目に大きな島。しかしもっと昔は、マウイ島が最も大きな島だったようです。

マウイ島までの渡航方法として一般的なのは、オアフ島から国内線に乗り、約40分のフライト。

ハワイ好きの日本人なら、ハワイアン航空(Hawaiia Airlines)に乗ったことがある方も多いのでは?


ハワイアン航空の機内安全ビデオは、ハワイの自然がギュッと詰まった動画。

まるでその場にいるかのように美味しい自然と空気を想像しながら観ることができます。

最近の機内安全ビデオは、各国、各航空会社もとってもユニークに工夫されていて、昔のような堅苦しいものではなくなってきています。

これまでは、安全のしおりに従ってお話いただくこの時間は、

おしゃべりタイム、
おやすみタイム、
座席周りを自分だけの居心地のいい空間に作りあげるタイム、

に使われていたように記憶しています。

それがいまや若者もみんなが、これから訪れる島を存分にイメージしながらビデオに集中。

いつ何が起こるかわからない日常に、自分の身はまず自分で守る、ということにしっかりと向き合える、とっても良い時間に変わってきています。

ハワイアン航空の機内で配られるイヤホンやアイマスクの入った袋は、オリジナルプリントの紙でできており、女性からは「この袋かわいい〜」と大人気。

機内食は、ヨーグルトやフルーツ、サラダなど、ベジタリアンな私でも美味しくいただけました。

ハワイには日本のお米も売っているため、機内食のお米も変な味がせずに、美味しくいただけます。

日本は成田国際空港からダニエル・K・イノウエ空港を経由し、マウイ島に2つある空港のうち、カフルイ空港までは、合計約9時間15分のフライト。

次回はカフルイ空港から。
Mahalo☀︎

真旗 慶子 / Mangala Arati


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

生活拠点を海外に置き、世界各国で女優・モデル・ヨーガティーチャーとして活動中。 美容・健康や食に関する資格を多数持ち、バランスを取り戻す術と知恵を提供するヨーガメディア『TULA』プロデューサー。(https://yogatula.me) 2018年1月ヨーガセンター開校予定。

4

マウイ島の暮らし

海外でアーティスト活動を行ないながら、さまざまな国に移動し生活をしているなかで、感じることを感じるままに、スケッチするようにここへ綴っております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。