見出し画像

別れ方がわからなくて付き合っているということはあるのか?ではなくて意外に多いのではないか

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」のドラマの中の台詞。

「恋人には2種類あるんだよ。好きで付き合ってる人たちと、別れ方がわかんなくて付き合ってる人たち」中條晴太(坂口健太郎)

これ、結婚でも言えるな。

確信的に別れない、というのもあるだろうけど、一緒にいる意味は今となっては明解にわからないけど、特に今別れる理由はないから別れない、みたいな。


言い方を変えたらこうとも言える。

「会社にいるって2種類あるんだよ。
ここがよくて働いている人たちと、
辞め方がわからなくて
ここで働いている人たち」


自覚的に、こうしていたいからこうしているのだ、と言えることが1つでも多い人生でありたい。


Keiko

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

28

Keiko_san(岡田慶子)

自分のフィット感を大事にしたキャリア選択を支援するユニキャリア主宰。業種業態職種に連続性のない「見聞広め型転職」を背景とした多様な経験を武器に意思決定に繋がる選択肢を一緒に考えたり提示したり決める後押しをしたいと思ってます。noteではユニキャリア的視点で思うこと、書いています。

思ったこと、考えたこと

ふと思ったこと、考えたこと、そこから気づいたことなどつらつらと。
1つ のマガジンに含まれています

コメント4件

別れ方が見つからないからって、占い師がダメって言ったから別れましょうと言われたら「あぁそうですか」と言うしかないでしょ?そして離婚となりましたとさ・・・笑えね~ (-゛-メ)
心の声に従えず、拠り所となる理由を外に求めたんでしょうね(T . T)
ものすごく思うとこあって、刺さりました。
クワノサローネさんコメントありがとうございます。わかっていてもできないのが人間。でも心が繰り返し伝えてきたら、決断の時なんでしょうね…σ^_^;難しいけど。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。