運命の恋は、本屋で起きる


人生にトキメキが足りない時は、本屋に行くことにしている。

面白いのは、たくさんのタイトルが並ぶ本の棚をなんとなく見ながら歩くと、ふと本と目が合う瞬間があること。

それは、前から自分が磨きたいと思っていたスキルの本だったりする。


脳は、たくさんの課題を抱えて解決しようとしている。でも、その量は膨大で、うまく自分が認識できない課題もある。

そういう時に、本屋を歩くと、たくさんの本があるのに、その中でピンとくる本がある。

もやもやと抱えている悩みにピントがあって、くっきりするように、今求めてるものが分かったりするのだ。

その1冊が、自分の運命を変える1冊になることもある。

本屋に、行ってみませんか?


5月20日から本屋に並ぶ初めての著書「説明は速さで決まる」も、目が合ってくれたら嬉しいです。今「はじめに」をこちらのリンクから試し読みできます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

中村圭

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。