keittaey

医療に従事している3児の父です。熱い血潮は「鷹のぼせ」。医療、教育、書評、そして大好きなホークスについて熱く、そして分かりやすく記載します。

小さな成功体験を積み重ねていくこと

今日はショートで。ドイツの文豪ゲーテの言葉(岩波文庫 『ゲーテとの対話』より)から成功体験について考えてみました。

いきなり大きい絵を描こうとしてもダメで、とにかく小さいものを仕上げろ、小さいところから始めなさい

詩人の心に沸き上がる感情や思想をその日その日のうちに小さな作品に仕上げていけば、どんな作品も無駄にはならない

小さなことでも証拠や結果を残し、実績を積み重ねることが大切です。理想ば

もっとみる

noteとmedium:どっちに書こうかな?

どのブログサービスに書くのがいいか、いろいろと試行錯誤していた時がありました。大手ブログではカスタマイズの内容が過度に重視されるようになった結果、コンテンツが注目されないという矛盾が生じるようになりました。そのためミニマリストなブログプラットフォームが攻勢を強めている状況となっています。日本ではnoteとmediumが代表的なプラットフォームでしょうか。どちらで書こうか… この両者を比較していた時

もっとみる

なぜ note を書いているのか自問自答した

最近、note の周辺が騒がしいのは皆さんもご承知のとおりだと思います。有名ブロガーさんたちがこぞってnote の課金システムを利用し始めて以来、利用者は激増したと思うし、プロブロガーさんたちの行動に対しても賛否両論、色々な意見がWebを賑わせています。世の中様々な意見があるんだな、って改めて感じます。

僕が note にアカウントを作ったのは2014年。わりと早い時期だったと思う。新しいもの好

もっとみる

組み体操論議で新たなニュースがあった

大阪市教育委員会の判断

以前このnoteで組み体操について記述しましたが、今週新たなニュースが飛び込んできました。

大阪市教育委員会はピラミッドとタワーの競技を禁止したとのことです。これは全国の自治体の中では初の判断だとか。2015年9月にピラミッドは5段まで、タワーは3段までという高さ規定を設けたにもかかわらず、事故が減らなかった、というのが規制の根拠のようです。

以前のnoteでは、現代

もっとみる

ウォシュレットを通じて日本の“おもてなしの心”を読みとく

中田翔のつぶやき

2月1日よりプロ野球のキャンプが始まりました。北海道日本ハムファイターズは今年よりアメリカでのキャンプとなっていますが、ウォッシュレットに関するこんな記事が目につきました。

そうです日本ハム、いや侍ジャパンの主砲中田翔がキャンプ地のアメリカ、ピオリアにはウォシュレットがないことを嘆いているのです。今や日本ではほとんどの公共トイレにウォシュレットが装備されています。ウォッシュレ

もっとみる

もう「お医者様はいらっしゃいませんか?」を聞くことはないのだろうか?

JAL DOCTOR登録制度の開始

日本航空(JAL)は、飛行機内で急病人が発生した時に、乗り合わせた医師が迅速に応急処置を開始出来るように、JAL DOCTOR登録制度を始めることになりました。これは日本医師会が発行する医師資格証とJALマイレージカードの両方を持っている医師を対象とし、搭乗前にJALホームページより登録すれば、機内で急病人が発生した時にCAより直接診療要請を受けるというシステ

もっとみる