眼科専門医が推薦、最新の視力改善方法

どうも、アンチエイジング医のKenです。

このNoteを見てくださってありがとうございます。

このNoteを読んでもらうと…


・コンタクトレンズや眼鏡をやめたい

・でも、LASIK難民とか聞くし安全なの?

・色々あるけど、何が一番いいの?

という疑問にお答えできれば、と思います。

1)あなたの目を良くするアイテムは?

一般的に改善の方法は…。

   ❍眼鏡

   ❍コンタクトレンズ

   ❍LASIKなどの手術(もとに戻せない)

   ❍フェイキックIOLなどの手術

      オルソケラトロジー(もとに戻せる)

が挙げられます。

特にこのNoteを読んでくださっている人は、LASIKやフェイキックIOLってどうなの?ということが知りたいと思います。

Kenは案外、肯定派でしたが、話を聞いていくと更に良いと感じました

インフルエンサー?高名な医者の高須克弥先生がいますが、彼がTweetで

と言っていますが…その専門家(日本でもトップクラス)は

慶應大学眼科教授の坪田一男先生です。日本一、アンテナが高く、新しい技術を海外からドンドン取り入れてきた凄い人です。今は…

そう。彼の眼鏡はただの眼鏡じゃないんです。実はかれは重度なドライアイで、よく見ると、フレームに水のタンクがあったり、ブルーライトを強力にカットしてくれる眼鏡(赤いレンズの)をかけたりしています。

つまり、眼鏡やコンタクト、LASIK、フェイキックIOLにも良し悪しがあり、人によって何が良いのか?は異なるわけですね。当然のことです。

でも、そんな中で、LASIKやフェイキックIOLをオススメする人もいます。

・地震の時、だれが慌ててコンタクトレンズを取りに行きますか?
・妊娠や出産の時、コンタクトレンズをいちいち装用できますか?

裸眼で生活することが困難な近視の強い人には、日常生活におけるriskを減らし、QOLを爆上げする良い方法だと思います。

実際、LASIKなど屈折矯正手術は増えてきましたが、日本はまだまだ後進国です。世界では20年以上の歴史があり、4000万人もの人が施行され、96%以上の人が満足し、友人に勧めたい、と言う結果を示しています。

さぁ、コンタクトレンズを使用している人は早速、ケースを見てください

これは友人のモノですが、ここの数字が-3.0より大きい(-4.0など)か、確認しましょう。

実際にどんな人にオススメか?と言うと

★20〜50歳ぐらいまでの方

★コンタクトレンズの表記が-3.0D以上近視や、乱視があり、その生活から脱却した方

★今よりもより快適な方法を探している方

には非常に有用な治療法であり、本Noteでもオススメしています。

ちなみに、-3.0D以内の近視の場合、将来的に老眼がくると便利になる、というだけで、ご本人の希望があれば問題ない、眼科医的には『ちょっと勿体ない』となるそうです。


この続きをみるには

この続き:3,038文字/画像6枚

眼科専門医が推薦、最新の視力改善方法

アンチエイジング医 Ken

390円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

ライフハック

コメント2件

とても参考になる記事でした。視力の改善について悩んでいたところなので、相談に乗っていただきたいのですが、DMが送れない設定になっているようですので対応いただけますでしょうか。
才谷さん、ご購入ありがとうございました。DMでお話したとおりです。非常に安心できるクリニックですので、是非一度行かれてみてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。