電子カルテのUI/UXを考える その20

患者さんが入院することが決まった際には、診療に関するオーダーに加えて、様々な書類も作成しなければならない。そのため、電子カルテでも下記の項目について入力しなければならず、入力作業が大幅に増えることになる。

①入院申込オーダー
 病名、入院目的、推定入院期間、入院希望日、病棟、食事開始日、食事内容を入力
②入院診療計画書
 病名、症状、治療計画、検査内容と日程、手術内容と日程、推定入院期間を入力
③指示簿
 入院後の各種指示を入力
④DPC登録
 主病名、医療資源を最も投入した傷病名、入院時意識障害、入院経路などを入力
⑤処置カレンダー
 入院後に処置が必要な場合に処置内容を入力
⑥入院処方
 入院後に投薬が必要な場合に処方を入力
⑦入院注射
 入院後に点滴などが必要な場合に注射内容を入力
⑧栄養管理計画書
 病名、栄養状態の評価、栄養管理計画などを入力

面倒なことに、登録先がすべて異なるため、いちいち画面を開く必要があり、入力し忘れた項目があっても気がつくことすらできない。さらに、病名や入院期間などは、異なる登録先で何回も入力しなければならず、全く効率的ではない。

個別の画面で重複した内容を何回も入力させるようなら、電子化した意味はないのではないだろうか。1つの画面で必要な情報を一括して入力できるようにすれば、入力時間を短縮できる上に入力漏れも防げるはずである。

ありがとうございます😀
9

Ken Miyoshi

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。