見出し画像

【老子 第3章】不尚賢~賢者の要件

知識(メモリー)偏重の愚かさについて老子は嘆く

バカは恐いものだけれど、ただのバカならまだよい。
何が恐いといって、学問のあるバカほど恐いものはない。
[渡辺昇一先生母堂]

争いというものは、自分を基準とした価値観、
つまり、善悪、優劣、貴賎、利害などの誤った価値判断から起こる。

たとえば、日々の生活で生かせる智慧より、
知識(メモリー)の大小だけを比較し尊重するものだから、
記憶されたデータ量がより大きい者たちだけが、
評価され、起用され、貴ばれる。
だから、一切衆生は我も我もとメモリー蓄積競争に躍起になる。

世間のいう賢い者とは、
単に『蓄積メモリーデータが大きいだけの者』だという、
実にシンプルな客観的事実としてとらえることが出来れば、
メモリデータが少ない者をして、愚か者と判断することはなくなる。

そんな知識(メモリー)の多寡なんぞで
いちいち差別することがなくなれば、自分の心の葛藤や、
人間どうしの争い足の引っ張り合いもなくなるのだ。

同様に、物に対しても相対的価値判断でもって
貴重なものとそうでないものと差別をするし、
たしかに、生きていくにはお金が必要だからといって、
命と同等以上に思う人が大勢いるから、
これまた、生存競争、かっぱぎ競争が巻き起こる。

奪ってでも、騙してでもお金を得ようとするから、
そういう盗人根性の者がいつまでたってもなくならない。

だから、腹黒いあきんどたちが仕掛ける、
ゼニ儲けの為の策略などに乗らず、

マスコミが仕掛ける流行だとか風潮などに心動かされず、
世間の常識だとかに惑わされず、決して欲をかかず、
淡々と過ごしておれば、何ら問題はないのである。

一方で、
民の平安に責任を持つ為政者もまたそうであらねばならない。

民が無為自然の生き方をしていても、
為政者が賢しらで道(タオ)に反した政治をするならば、
それは不幸である。

また、無為自然の政治が行われていても、
民が賢しらで道(タオ)に反した生き方をするなれば、
それもまた不幸である。

故に、民が無為自然の生き方をしておって、
かつ無為自然の政治が行われることが本当の幸福なのである。

だから、民が知識(メモリー)だけに偏重することがないよう、
道(タオ)の英知に大切さに目を向けさせる。
いたずらに情報を垂れ流し民の欲望を煽るようなことをせず、
また、偽りの知識に惑わされることのないよう、
しっかり地に足をつけ自律した生活ができるよう支援する。

そして、知識(メモリー)だけの者を必要としない政治、
その者たちが得意げに活動する余地がないようにする。

このように、道(タオ)を体得した者が政治を行うならば、
民を不幸にすることはないのである。

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
不尚賢。使民不爭。
不貴難得之貨。使民不爲盗。
不見可欲。使民心不亂。
是以聖人治。虚其心。實其腹。弱其志。強其骨。
常使民無知無欲。使夫知者不敢爲也。
爲無爲則無不治。
-------------------------------------------------
賢を尚ざれば、民をして争わざらしめ、
得難きの貨を貴ばざれば、
民をして盗を為さざらしめ、
欲す可きを見さざれば、
民の心をして乱れざらしむ。
是を以て聖人の治は、
其の心を虚しくし、其の腹を実し、
其の志を弱くし、其の骨を強くし、
常に民をして無知無欲ならしめ、
夫の知者をして敢て為さざらしむるなり。
無為を為せば、則ち治まらざるは無し。
-------------------------------------------------
為政者が知者賢人を尊重しなければ、
人民を争わないようにさせることができ、
珍しい財宝を価値ありとしなければ、
人民に盗みをしないようにさせることができ、
欲しがるものを見せなければ、
人民の心を乱れないようにさせることができる。
だから無為自然の道の体得者・聖人が、
支配者として政治を行う場合には、
人民の心に何の欲念もないようにして、
十分に腹ぢからをつけさせ、
外にむかう心の動きを弱くして、
体の骨をがっしりとさせるのである。
いつも人民を無知無欲の素朴で健康な状態におき、
あの知者賢人と呼ばれるさかしら病患者に
つけこむ隙を与えないようにする。
このようにして無為自然の政治をおこなってゆくならば、
平和に治まらぬ国とてはないのである。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第三章安民]
-------------------------------------------------

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

青樹謙慈

スピリチュアリティクリエーター:価値の創造と貢献。

老子現代語現場訳(青樹謙慈の主観たっぷり超意訳バージョン)

言葉で表せぬTAOをあえて五千文字余に表した『老子道徳経』が鮮やかに現代の現場に蘇る!? 学術的には全くためにならない、アオキケンヂ的老子超意訳。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。