見出し画像

【老子 第4章】道冲而用之或不盈~無限供給の源

道は冲しきも、これを用うれば或た盈たず

道(タオ)は天地に先立ち、あってあるもの。

目に見えず、からっぽの容器のように空虚だけれど、
例えば無限大のメモリ容量を持つRAMのように
無限の効用性と無尽蔵の働きを持っている。

それは、奥深く無限のエネルギーを秘め、
一切万物がそこから生ずる根源、究極的な実在のようだ。

そのなかにあって、この世界の差別、対立、闘争、賢しらなど
絶対的な道(タオ)の前には、あるがままの様相を呈する。

和光同塵(わこうどうじん)
→56章:挫其鋭。解其紛。和其光。同其塵。
其の鋭を挫き、其の紛を解き、其の光を和らげ、其の塵れを同じくす。

道(タオ)は、静寂で深淵な水をたたえた湖のように、
永遠に変わることなく、存在していたかのようだ。

その始原を知るべきもないが、
それはどうやら、人びとが神と名づけた存在より、
遥か以前から存在しているらしい……

-------------------------------------------------
【参考文献:白文/書下文/訳】
-------------------------------------------------
道。冲而用之或不盈。
淵兮似萬物之宗。
挫其鋭。解其紛。
和其光。同其塵。
湛兮似或存。
吾不知誰之子。象帝之先。
-------------------------------------------------
道は、冲しけれども之を用いて或に盈たず。
淵として万物の宗に似たり。
其の鋭を挫き、其の紛を解き、
其の光を和らげ、其の塵れを同じくす。
湛として或に存するに似たり。
吾れ誰の子なるかを知らず、帝の先に象たり。
-------------------------------------------------
道は冲っぽで、いくら注いでも一杯になるということがない。
それは奥深くて万物の生まれ出る大本のようだ。
それは万物の鋭さを挫き、万物の紛れを解きほぐし、
万物の輝きを和らげ、万物の塵れに己を同じくする。
それは深くたたえて常存不滅の存在のようだ。
わたしにはそれが誰の子供なのか分からない。
どうやらそれは天帝に先立つ存在のようだ。

※朝日選書:老子(福永光司)より引用
-------------------------------------------------
[老子:第四章無源]
-------------------------------------------------

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

青樹謙慈

スピリチュアリティクリエーター:価値の創造と貢献。

老子現代語現場訳(青樹謙慈の主観たっぷり超意訳バージョン)

言葉で表せぬTAOをあえて五千文字余に表した『老子道徳経』が鮮やかに現代の現場に蘇る!? 学術的には全くためにならない、アオキケンヂ的老子超意訳。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。