脳内から煙が出るんじゃないかと思った「書くメシ勉強会」

元ホームレスライターのツダケンゴです!!

10月26日に福岡市の大濠公園駅近くで行われた「書くメシ勉強会」へ参加したのでシェアさせていただきます!!

おそらく、勉強会についてこれだけ熱く語るのは初めてです!!笑

そもそも書くメシって何?

書くメシは一言でいうと、書くことを仕事で生かしたい人が集まっているコミュニティです。

私のように専業ライターをしている人だけではなく、ブログの書き方を学びたいという人も来ていました。

詳しい内容は下記サイトに記載してあります!

主宰は

ビールが大好きなカワゾエユウキ@kawazoezoe)さん

プログラミング講師をしている佐々木基之@moto_ssk)さん

のお2人。

初回費用3,000円だけ払えば、月会費無しで学べるコミュニティです。

(初回費用は、今後変更になる可能性もアリ)


書くスキルだけではなく、マーケティングやマネタイズなどについても学べます。


先に、勉強会が終わった後の感想を言ってしまいますが、

内容が濃密すぎて

頭がポーンと!」なりました。

私自身、勉強会終了後にモノを見る視点がだいぶ変わりました。


どんな授業を受けたの?

授業は2部構成で19時~21時前で、およそ2時間ありました。

1部はシンス株式会社代表の越水大輔さんがスピーカーをされました。

書くメシ勉強会の会場を提供してくださった方です。


現在はホームページ制作の会社を運営していますが、

独立当初はデザイン系の仕事未経験だったとのこと。


私も未経験の状態でライター活動を始めたため、共感できる部分がありました。

内容は「情報発信のためのタイムマネジメント」でした。

私は情報発信とタイムマネジメント共に課題があるため、身になる話が多かったです。


内容を聞いて感じたのは、

優先順位」と「継続」が大事だということでした。


とくに、優先順位はどんな付け方をするかで今後の人生が左右される強烈なものだと感じました。


仮に自分が優先順位の付け方を間違って気付ければ良いですが、

間違いだらけの人生を歩んでいる恐れもあります。


自分を軌道修正させる意味でも、コミュニティに属して活動するのは大事なことだなと感じました。



そして2人目のスピーカーは、コピーライターで活躍されている丸田和明さんです。

コピーライターとは、一言でいえば商品を売り込むための文章をつくるライターのこと。

丸田さんは25歳ながらも、堂々たる風格を感じました。


私が25歳のときはホームレス生活真っ只中だったので、

月とスッポン」以上の違いです!!


この章では「超効率でブログ記事を書く方法」について教わりました。

ちょっとした書き方を覚えると、執筆速度も上がるというような内容で「目からウロコ」なことばかり。


私も執筆速度が遅くなることがあるので、タメになる授業内容でした。

専業ライターで3年近く活動している私ですら、話を聞いていて「すごか~」と感じました。


勉強会の後の飲み会も格別だった!!

飲み会は、会場近くのオシャレな居酒屋でした。


仕事柄人と話すことが少なく、

飲み会に参加して大丈夫かな」と思っていましたが、

器が広い方々の集まりだったこともあり美味しく飲めました。


とくにカワゾエさんには話をたくさん振っていただき、とてもリラックスできました。


ただプライベートな話がありながらも、ビジネス的な話もバンバン出てきました。


お酒が入っているからこそ濃い内容の話もたくさんありました。(お酒が飲めない人も楽しめる空間でしたよ~)


書くメシに参加して気付いたこと

書くメシの勉強会&飲み会に参加して気付いたことは、主に下記3つ。


・圧倒的なインプットとアウトプットが必要

・たくさんの人から学ぶことが、自分のビジネスを成長させる

・「仕組みと環境」でビジネスの成長度合いは変わる


勉強会は福岡市内で行われることが多いですが、書くメシ会員の中には鳥取や東京在住の方などもいるようです。

会員専用のFacebookページもあるので、ご興味がある方はぜひ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今日も1日、ハッピーな気持ちになれますように!
6

ツダケンゴ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。