「このトラックにギターを重ねて何か雰囲気作ってくださいますか?」と言われたら。

タイトル長い、、。

元のトラックはこちら。


むっちゃシンプルな打ち込みのオケです。

DAW Studio One3
音源 UVI Falcon Mayhem of Loops
MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2014)
Audio IO ZOOM U-44

「このトラックにギターを重ねて何か雰囲気作ってくださいますか?」と言われたら、

さて何を弾きますか。

という事で、雰囲気の違う4パターンを弾いてみました。

(Positive Grid BIAS FXを使って弾いています。)

こういうケース、例えば作曲やトラックメークは出来るけどギターはあんまし良くわからない、ギターでなんとかして欲しい、とか、ギターもサンプル使ったりして打ち込めるけど時間かかるからなぁ、、的な時や、誰かと共作で曲を作る時にも想定出来ますね。

CO-WRITING コーライティングなどと呼ばれる事もあります。ま、要は共作なのですが。海外のバンドやアーティストだとCO-WRITINGは昔から普通に見かけますが、日本だとそこまで主流ではないですね。そんな自分も共作ってほとんどした事ないのですが、今なら、これから、ありかな?楽しいかも?なんて少し思っています。ネットが使えればどこに住んでてもほとんど関係ないですし、お互い得意なパーツを持ち寄って組み上げる、ってのも面白いかも?

もちろん全く知らない人といきなりは難しいですが、ある程度約束事など決められたら意外とスムーズにいくかも?ですね。わかんないけど。(これはなんでもそうですね)

というわけで、4パターンを音源交えて紹介、解説します。

この続きをみるには

この続き:1,066文字/画像3枚
記事を購入する

「このトラックにギターを重ねて何か雰囲気作ってくださいますか?」と言われたら。

鈴木健治 | ギタリスト

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはいつでもどなたでも大歓迎です。

スキありがとうございます
5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。