「宅録ギターマガジン」noteでの連載を終了します。〜これからのこと。

昨年の3月に始めた、鈴木健治の宅録ギターマガジン。
今月をもってnoteでの配信を終了する事にしました。

マガジン数およそ45巻、サウンドノートまで入れると100巻以上になります。

これまで購読して下さった皆様、本当にありがとうございました。

始めた当初は慣れない事もあり、至らない点もあったかもしれませんが、自分なりに音源やテキストを精一杯作って参りました。

また、このマガジンに書かれているコンテンツの内容に関しては、自分が長い経験で知り得た独自の手法を扱うことで、一般的な教則本やその他のメディアではあまり触れられていない宅録テクニックを紹介出来たのでは?と自分なりに思っております。

noteでの「マガジン連載」はここで一段落、といった感じになりますが、有料記事、無料記事含め、今後も引き続き公開されます。
(もちろん有料記事は有料のまま、、です。)


又、今後は別の形でギターレコーディングのノウハウについての記事を定期的に無料で配信する事が既に決まっています。

詳細につきましては、SNSやオフィシャルサイトで告知しますので、少しお待ち頂くと共に、心機一転の内容にもご期待下さい!


noteを離れる理由

これについては購読者の皆様のみに公開したいと思います。

いや、ひどくディスってるわけじゃないですよ(笑)


この続きをみるには

この続き:1,221文字

「宅録ギターマガジン」noteでの連載を終了します。〜これからのこと。

鈴木健治 | ギタリスト

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはいつでもどなたでも大歓迎です。

スキありがとうございます
4