Positive Grid社より正式なアナウンスがありましたのでご報告。


ソフトを起動したら自分への謝罪文がポップアップされたのには驚きましたが、既に一件落着しておりますのでご心配には及びません。

PositiveGrid社のBIAS FX2に

PositiveGrid社のギターアンプシミュレーションソフトBIAS FX2に、僕がギター用ストンプボックスシミュレーションソフトBIAS Pedalで作って公開しているWarm Tabe Echoというパッチが含まれておりました。

BIASシリーズにはユーザーが作ったパッチを自由にシェア出来るオープンなコミュニティTone Cloudがあり、ユーザーは自由にDLして使えるとは言え、別売りのオフィシャル商品に含むのは如何なものか?と問い合わせた所、とても丁寧に対応頂きました。


Positive Grid社からの英文による謝罪文を日本語に翻訳して頂きました

重要なアップデート

私達はこの機会に非常に重要な問題について、お知らせをしておきたいと思います。
あるアーティストにより制作されたWarm Tape EchoペダルがBIAS FX 2のファクトリープリセットとして公開されていた件についてです。これは開発中に参考として制作されていたものが誤って公式なリリースに含まれていた形です。Warm Tape Echoペダルはアーティスト、ケンジ・スズキ氏がBIAS Pedalで制作されたオリジナルモデルであり、これを事前の許諾なしに使用する意図は私達にはありませんでした。こちらについては、純粋にわたしたちの見落としによるものとなります。これは第三者のご指摘により私たちが知るところとなり、すぐにケンジ・スズキ氏にコンタクトを取り、本件についての認識と、わたしたちの誤りについて謝罪をお伝えしました。対象となったペダルは、BIAS FX 2または特定の製品の広告、プロモーションを意図したものではありませんでした。これにより、BIAS FX 2最新アップデート2.1`.2.4743では、Warm Tape EchoペダルをAnalog Wave Delayと置き換えています。ケンジ・スズキ氏に重ねてお詫びすると共に、引き続きPostive Grid、ToneCloudコミュニティへのサポートに感謝致します。

僕はPositive Grid社の対応に納得しており、これ以降この件でネガティブな言動をするつもりもありません。


Tone Cloudにはランキングがあるのですが、僕が作ったWarm Tape Echoは長らく1位になっています。それ自体はとても嬉しい事ですし、海外のユーザーにも認めて頂けたと前向きに捉えています。ちなみに3位も僕がシェアしたものでした。

ギターのサウンドメイクについては、演奏する事と同じくらい長きにわたり真剣に取り組んで来ましたので、こういった海外のメーカーのランキングでトップを取れたことは自分にとってとても大きな意味のある出来事であります。こういった事には言語の壁も殆どないので世界中のユーザーとほぼ対等に勝負出来ますし。

Positive Grid社の誠意を受け止めこれからも1ユーザーとして良好な関係を築いて行けたら嬉しく思います。

この件で丁寧な対応をして頂いた国内代理店であるMedia Integration様にもあらためて感謝の気持ちをここに記します。

今後もギターのサウンドメイクに関わる事は(もちろん演奏する事も!)、YouTube等のオンライン上や、オフラインでのリアルなイベント等で今まで以上に積極的に発信して行こうと思っています。

興味がある方には今後も鈴木健治のTwitter等チェックして頂ければと思います。

以上ご報告でした。

鈴木健治

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはいつでもどなたでも大歓迎です。

スキありがとうございます
9

鈴木健治 | ギタリスト

生演奏も大好きなIT系ギタリスト。ギターホームレコーディングのノウハウ満載な「宅録ギターマガジン」配信中。マジメ、テキトー、集中、散漫が同居。麺類大好き。家のご飯が一番好き。田舎暮らしで宅録なブログや、スタジオ、ライブ等職歴は→https://takuroku.club
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。