キャビネットのIR聞き比べ

今回はスピーカーキャビネットのインパルスレスポンスにスポットを当ててみました。

IRでキャビシミュレートする前と処理後の音源でチェック出来ます。

近年インパルスレスポンスImpulse Response (略してIR)という言葉自体、宅録ギター界隈?でも随分と一般的になって来ました。

ギターアンプシミュレーターのハードウェアやソフトウェアでは、IRを使うものが多くあります。LINE6 Helix,Fractal Axe FX,Positive Grid BIAS, 等など。独自のキャビネットシミュレーターの他にサードパーティーのIRも読み込めるようになって、よりパーソナルでリアルなサウンドメイクが出来るようになりました。

IRとは?

ザックリ言うと「Aという音色をアンプのキャビネットを通して聞くとABCという音色に変化する。それを空間音響特性を時間軸の変化含めキャプチャーしたもの」がキャビのIRという感じですね。。(強引)

もっとザックリ言うと、アンプシミュレーターにおける結構重要な部分に使われるもの。

知識としてはこんなんでいいと思います。個人的には。

ようは、キャビネットの音を再現させるために使う短いオーディオデータ。と言えるでしょう。


IRでキャビシミュレートされる前の音。

ギターアンプからスピーカーキャビネットに繋がる前の音、ようはキャビシミュレートされる前の音がコチラになります。

お聞きの通り、お世辞ににもギターらしくいい音とは言えませんね。


IRでキャビシミュレートされた音。

コチラになります。IRは自分で作成したデータを使いました。


断然リアルさが違って来ますね。これがIRを使ったキャビシミュレートされた音なんです。

この後いくつかのマイクでの違いや、キャビネットの種類など音源ありで詳しく解説していきます。

この続きをみるには

この続き:1,657文字/画像2枚

キャビネットのIR聞き比べ

鈴木健治 | ギタリスト

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートはいつでもどなたでも大歓迎です。

スキありがとうございます
3

ギタリスト鈴木健治の宅録ギターマガジン

2017年からひと月に2記事配信になりました。 メジャーCD1000曲以上に参加しているギタリスト鈴木健治が、宅録ギターのノウハウや限定公開の音声や動画、音楽制作的コラムを配信。定期購読がひと月500円でお得です。初月は無料ですのでまずはお試しでもどうぞ♪