見出し画像

心地よい暮らし講座 楽健法とセルフケア

6/8−9  楽健法とセルフケア  
講師:子松志乃子先生よりメッセージを戴ました

今年もシャンティクティの「心地よい暮らし講座」に呼んでいただきました。楽健法、温熱療法、そしてヨーガと、今年は無事に楽しく終える事が出来ました。昨年10月の特大ギックリ腰でご心配をおかけしたり、ご迷惑をお掛けしたにも拘らずです。
ご縁があって繋がって穏やかで豊かな時間を過ごす事が出来ました。

今年も素敵なメンバーが集っています。単発の参加者も大丈夫との事ですので、興味深いテーマと大地の恵みの野菜、野草を使った美味しい食事と花に囲まれた空間をお望みの方は、是非お問い合わせ下さい。

心地よい暮らし講座の概要

http://kokotiyoi-kurashi.blogspot.com/?m=1

ふたりヨーガ楽健法は、道具を使わず誰でも簡単に体を癒すことができるリンパマッサージ。

楽健法は、二人一組になって手足の付け根を足で踏みあい、からだの循環を良くする健康法。この人間味に満ちた健康法を通して、お互いに助け合って生きることの大切さも学びます。

温熱療法のデモンストレーションと実践、手当法を学びます。

みんなで輪になって脚のマッサージをしながら自己紹介

会場を保健センターに移し公開講座に沢山の人に参加いただきました

お風呂後に夕食

夕食 食べる瞑想
お食事を頂く心得(五観の偈)- Five Contemplations -
皆でお食事をいただくことも立派な瞑想の実践です。
その実践は並んで食事をとりにいくところから始まっています。
この食べ物は、天と地とたくさんの生きもの、多くの労働の恵みです。
このお食事に値するよう、マインドフルに、感謝いっぱいにいただきます。

心身を健やかに保つため、貪りをはじめとする心のしこりに注意して節度をもっていただきます。
慈悲の心を保ちつづけ、生きものの苦しみを減らし、地球を守り、温暖化の進行を防ぐようにいただきます。
友愛を育て、サンガを築き、生きとし生けるものに奉仕する心を養うよう、このお食事をありがたく頂きます。

食事はゆっくりと時間をかけていただきます。

一口ずつ、食べ物が液状になるまで30回くらい噛むと消化のためにもなります。
まわりの皆さんとともに一口一口を味わいながら食事を楽しんでください。
今ここにしっかりと自分を確立して、喜びと安らぎをもって食事をすすめます。

食事が終わってもすぐには立ち上がりません。
その場にしばしとどまって、食器が空になり、空腹感が満たされたことをじっくりと感じます。
私たちの理解と愛の道を支えてくれる滋養ある食事に感謝をささげ、今の自分に与えられた幸福に感謝します。

温熱療法
温熱の効果を追求し、治療家として数万例の臨床を重ね、「三井温熱療法」を 体現化した「三井温熱療法」の生みの親である故三井兎女子(みついとめこ)氏。
自律神経の「乱れ」が病気の原因であると仮定し、その反射の現れる背中を中心に熱をいれると、心地よさは副交感神経を刺激し、点で感じる熱さは交感神経を刺激し、乱れた自律神経をまるでリハビリしていくかのような効果が現れたのでした。
内臓の疲れや「ストレス」による心の乱れは、やみくもに交感神経を過敏な状況に導いていきます。そんな身体に効果的なのは、「ぬくぬく」とした心地よい熱だけでなく、思わず「アチチ」と声をあげてしまうほどの刺激を的確に入れる熱入れ法だったのです。
この反応を「アチチ反応」と呼び、この熱入れの過程を「注熱」と名付けました。
自らの著書で「交感神経に活を入れる!」と表現した三井先生。
交感神経の興奮を熱刺激で鎮めるという画期的な考えがここにあります。

朝一番で楽健寺酵母でパンの成形

楽健寺酵母パン

台所に貼られた分量表
今回もしのさんが美味しい楽健寺酵母パンを持ってきてくれました。

ヨーガ

体を整えて太陽礼拝のポーズ 呼吸法

リラックス リラックス 緊張と弛緩 心を整える
ヨーガとは結ぶという意味 心と体を 社会を そして神と一体になる

農業実習 まずは人参の間引き

昼用の

人参 春菊

ジャガイモの除草と芽かき

大豆 小豆種蒔き


前回芽が出なかったとら豆 ウズラマメ 黒インゲンとしもささげを蒔きました。

最後にたかきびを蒔いて

オクラは鞘付きで一本蒔いてみました。

このまま土に埋めてみました。
芽が100くらい出るのだろうか

ブランチを外のカマドで作ります。

デザートは庭のイチゴ

ガーデンの野菜が食卓に乗ります。
ガーデンは正にスーパーマーケットです。

五観の偈を唱えいただきます。
一つには功の多少を計り、彼の来処を量る。
二つには己が徳行の全欠を忖って、供に応ず。
三つには心を防ぎ、過を離るることは、貪等を宗とす。
四つには正に良薬を事とするは、形枯を療ぜんがためなり。
五つには成道のための故に、今この食を受く。

美味しいブランチ 畑はまさにスーパーマーケットです

楽健法のおさらい

スタッフも至福の時

その後感想をシェアーしあい感想を一時で表す
素敵な2日感でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

shanthi-usui note

信州安曇野にあるシャンティクティの暮らしをお届けします。自然の中での暮らしを体験しながら、それぞれのペースでゆったりとした時間を過ごしていただきたいと思っています。http://www.ultraman.gr.jp/shantikuthi/

心地良い暮らし講座

心地良い暮らし講座
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。