食べられる庭 ナチュラルガーデン

長いこと晴天が続いています。
信州はそろそろ霜の心配のない季節になりました。霜保護用のティピ温室のビニールもとってやりました。

苗も自然の風と太陽にあたり気持ち良さそうです。一雨きたら植え替えをと思っていますがいい天気が続きます。さわやかな信州です。

竹を取るのは冬の間がいいのですがつい泥縄式に追い立てられないと竹切りもできません。自分の家の敷地で竹を取れるのも贅沢です。

まず2本立てて梁竹を渡して3本を縛ります。
梁竹を徐々に縛っていきます。

結び終えたら斜めの筋交いを入れて縛れば縦方向も動かなくなります。

交差した上に梁竹を置く人もいますが横にして接点が1つだと紐でよく締まります。

支柱の下の草を刈り廃菌床を入れて落ち葉を敷きました。草も生えずに土は肥えていきます。 ローメンテナンスの畑です。

クリムゾンクローバーが満開です。

ズッキーニ カボチャ きゅうり トマト モロヘイヤ ナス スイカ レタス キャベツ ブロッコリーなど植え替えました。
畑も夏仕様に様変わりです。

こちらは畝に藁を敷いてカボチャの畝にしました。藁は有機酸を出して草の発生を抑えます。

白菜キャベツもだいぶ大きくなって来ました。

4月に撒いたインゲンが霜に当たってしまったので蒔き直しをしました。

ガーデンの花も次から次と咲いています。

グラベルガーデンもいい感じです。
ローメンテナンスの庭づくり
https://note.mu/kenjiusui/n/nfacbbfc5535c




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

パーマカルチャー

パーマカルチャー
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。