主観が健幸科学の尺度

2019.7.29
健幸度は検査や測定しても検査値にも測定値にも出ません。従来の科学が客観性からすべてアプローチしているからです。医療現場では痛みの強さや性質を測定できません。主観だからです。健幸科学は従来の科学理論を超えた主観だからです。「元気が出ました」「楽になりました」「ワクワクします」「心地よいです」「スッキリしました」これを測定できません。だから健幸づくりは運動や栄養学、医学では実現不可能なのです、益々面白く同時に困難なのです。(今朝の院長の独り言)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

【健康に生きる脳力・美学を見いだす】80kgあった医者...

当サロンでは医院長が認めた健幸の達人たちが、サロンに来てくれた方々が健幸に生きる脳力と生き方の美学が、身に付けられるように様々なプログラムや塾を行っています。忙しい生活の中で自分をないがしろにしていませんか?わたしのNOTEがお役にたてたらうれしいです。

人生か変る今朝の院長の独り言

開業以来、毎日書いてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。