健幸外来サロンとは

健幸外来の開設

<健康外来開設のきっかけ>
1990年に日本で最初の「健康外来」を、東京都済生会中央病院にて開設し、1998年には健康外来サロンを併設した新しい健幸概念に基づいた「横倉クリニック」を私が開院しました。

このような外来を始めたきっかけは、実は私自身の体験からでした。私自身、高度の肥満と重症の高脂血症だったのです。学生時代に比べ、体重は15kg増加して80kgとなっていました。中性脂肪の正常値は150なのですが、私は1250ありました。そこで食事制限や薬の内服もせずに治したのです。今では体重は62kg、中性脂肪は60、体脂肪率12%で20年間リバウンドがありません。

もともと私は産婦人科医で不妊症が専門です。その中でも特に女性の内分泌学と心身症を臨床で行っていました。20年間の臨床と自分の体験を合わせて「健康外来」を始めたのでした。


<日野原重明先生との出会い>
健康外来を始めた当初は従来の医療の外来とは違い、「外来のあり方」から始まり、実は「健康とは一体何なのか」という根本理念に私自身が悩み始めました。
そんな時に聖路加病院院長だった日野原重明先生を雑誌で知り、自分の考えを手紙で書いたところ、思いもかけず先生から会いたい旨のご返事を頂き、聖路加病院をお訪ねしました。

初めてお会いした時、先生の最初の言葉が「君は良い外来を始めましたね」でした。そして「受診者に対する心」や「人が生きること」、「健康とは何か」など多くのことを先生から教えて頂き、ようやく自分なりの健康観と健康科学を確立することが出来ました。

健康脳と疲弊脳
クリニックに来た患者さんによく聞く質問です。
「ここに来る時、風はどっちから吹いていましたか。」
「頬で風を感じましたか。」
「雲はどっちに流れていましたか。」
信号待ちしている時にスマホからちょっと眼を外して空を見上げると雲が流れています。風を頬で感じるかもしれません。歩道の樹木の香りがするかもしれません。自分の周りの身近な情報が、そして地球や宇宙からの情報が五感に入って来ます。
 実はこの日々の生活の中にこそ健幸の原点があり、日常茶飯から生命力が生まれ、人が生きるための美学が生まれてくるのです。

ストレスと脳の変化
西洋医学がみた現在の健康科学は未だに病気を対象とした予防医学的概念に止まっています。1990年日本初の健康外来を創設し、病気も健幸の一部として捉え、「疲弊脳」「健幸脳」の新しい健幸概念を学会発表し提唱して来ました。
情報過多や人間関係、仕事や家庭のストレスが多い現代社会では、多くの人は物事の判断を理性に頼り脳には余裕が無くなり、五感が働かず感性が貧弱になっています。すると同じストレスを必要以上に強く感じてしまい、ストレスの疲弊期に陥ります。だるい・疲れやすい・動悸・肩こりなどの自律神経失調症状、さらに肥満や生活習慣病の原因にもなります。これが(疲弊脳)です。
一方五感をフルに使える脳に余裕のある人では同じストレスでも小さく軽く感じられ、日々生き生きと充実した生活が出来ます。これが(健幸脳)です。健幸脳は「ヒトが生きるための生命力です。

脳へのアプローチ(五感療法)
予防医学的発想による健幸づくりではなく、脳への直接的なアプローチが健康へのアプローチであることは明白です。動物は外界の情報をいち早く脳に伝達しなければなりません。そのために五感の感覚器はすべて脳に直結しています。そのために鈍くなった五感を心地よく刺激し脳で「快」を感じられれば、ストレスも自然に小さく感じられ元気プログラムが作動し、人は自然に健幸に生きる脳力が回復します。これが五感療法で、疲弊脳から健幸脳への転換です。まずは自分を一番大切にすることです。


「生きるための健康」から「健幸の美学」へ
ここで人を一本の木に例えてみます。木には根があり、根は土壌から栄養を吸収しています。では人が成長する土壌や栄養とは、日本人であれば2000年の歴史に培われてきた日本の歴史・文化・風習・習慣です。日本人は春夏秋冬の季節を肌で感じ、日々の生活を営み、更に高度の感性を磨き、世界に類を見ない和文化を築き上げて来ました。日本人の日々の日常茶飯にこそ人生の質を高める健幸の美学があり、これが「人が生きるための美学」です。
ヒトが元気に健幸に生きる生命力を回復した動物としての「ヒトの健康」から、さらに人生の質を高める美学まで到達した人間の「健幸の美学」こそが「真の健幸」です。

生きるための美学と茶道

日常生活の中の人間関係や社会状況さらに自然環境まで取り込んだ日常茶飯の中で、自分と向き合い、美学を追求したのが茶道です。茶道は本来あるべき自分に戻ることができ、更に進化し研ぎ澄まされて行きます。そこに生きるための美学が自然に生まれて来ます。

100年先の子供達の健幸(「健幸と和美のこころ」未来塾)
 真の健幸で得られた生活美の豊かな感性は和の心を自然に学ぶことができ、2000年培って来た日本人の健幸を築き上げて来ました。そして人生を日本の歴史文化にみられる「道」に喩え、美意識を深めれば、その智恵と喜びを同時に得ることができ、生きる和の美学が生まれます。これを「和美」のこころとして100年先の子供達に引継いで行くことが、健幸外来サロンの使命です。

健幸は
人は  ごく当たり前に生まれ
ごく当たり前に成長し
ごく当たり前に年令を重ね
ごく当たり前に病気に罹り
ごく当たり前に死ぬ
健幸は病気があるかないかの問題ではなく、
如何により良く今を生きより良く死ぬかです。
この日常茶飯こそが健幸です。

健幸とは
ありとあらゆるものに
「感謝」のできる「心」と「身

                                                                       健幸外来サロン -無風庵ー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

【健康に生きる脳力・美学を見いだす】80kgあった医者...

当サロンでは医院長が認めた健幸の達人たちが、サロンに来てくれた方々が健幸に生きる脳力と生き方の美学が、身に付けられるように様々なプログラムや塾を行っています。忙しい生活の中で自分をないがしろにしていませんか?わたしのNOTEがお役にたてたらうれしいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。