わんとうこっきん

職業:手技療法家、整体師。 東京都内で整体院経営してます。 ピュアなSNSを求めて漂着。
固定されたノート

【無料施術モニター募集】技術研鑽の為、四十肩・五十肩を無料で施術させて下さい。(note限定企画)

現在、四十肩・五十肩の施術であまりにも簡単に改善してしまう事例が多いため、もっと難しい症例にめぐり会って技術を研鑽したいと思い、この企画を行わせて頂く事に致しました。

ご協力頂ける方は、以下の【条件】と【お願い】をお読み頂き、ご連絡下さい。

【条件】
〇note会員であること。
〇四十肩・五十肩であること。(肩を動かす際に痛みがあったり、痛みはないが可動域に制限がかかっている状態。拙著のこちら

もっとみる

四十肩・五十肩の改善報告

四十肩・五十肩での改善事例を報告させて頂きます。
こちらの方は一般で来院なさった方ですが、動画の使用を快諾して頂きましたので、こちらでもシェアさせて頂きます。

四十肩・五十肩のnote限定企画の募集はまだ行っていますので、対象の方はお気軽にご連絡ください。

『神経が圧迫されているから痛い』は正確な所見ではない場合が多い。

体に痛みがある方で、『どこそこの神経が圧迫されているから痛い』と言われた方は多いと思います。

しかし結論から言うと、損傷があったり、神経性の病気などを持っていない普通の状態においては、実は神経は単純に圧迫しただけでは痛くありません。

あまりに神経圧迫が痛みの元だといろいろな人が言ってしまうため、考え方が定着してしまっているので「そんなわけないだろう」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

もっとみる

『内臓の痛みが背中に現れる』は本当か?

今回は、内臓のダメージからくる背中の痛みについて書いていきます。
『内臓の痛みが背中に出てくる』割と聞いた事がある方もいらっしゃるかと思います。
これはメディカルに認められている事なのか、東洋医学的な経験則からのものなのか結構わかりにくいですよね。

結論から言うと、これは事実でメディカルにも常識レベルとして認められています。
これは専門用語で『関連痛・放散痛』と言い、簡単に言ってしまうと、脳が勘

もっとみる

『大腿骨骨折で寝たきりになりたくないから運動をしない』はNG。(後編)

前回、高齢者の大腿骨頸部骨折の発生メカニズムの2つの重大ファクターのうち、骨粗鬆症について書きました。
後編の今回では、そのもう一つのファクター【大腿骨頚体角】について書いていきます。

大腿骨は、通常は大腿骨頸部がナナメになるような角度で、骨盤の寛骨臼という部分に骨頭がはまり込んでいます。
このナナメになっている大腿骨頚と、大腿骨本体の垂直方向との角度を大腿骨頚体角と言います。
通常は、この頚体

もっとみる