「非ネイティヴの英語>>>ネイティヴの英語」という逆転の価値観


 最近、いろいろな国、地域の方と会話するときに、どうしても英語を使う。
 なにしろ世界には本来数千の言語があって、それをすべて知ることができないので、共通言語として英語を使う。

 そんなときに感じるのは、母語が英語じゃない人が一生懸命に話す英語って、素敵だなということだ。

 だって、そこには人生の元手がかかっているというか、努力と汗の結晶があるからだ。

 一方、ネイティヴの人が話す英語はきれいで心地よいが、ネイティヴじゃない人が話す一生懸命の英語ほどの付加価値が感じられない。

 その人たちにとって、英語喋れるの当たり前だろう、という感じがどうしても生まれるからだ。

 私は英国に留学していた経験もあって、いわゆるオックスブリッジの英語がいちばん自然に聞こえる。
 昨日のゴールデングローブ賞の授賞式を見ていても思ったことだけれども、アメリカの英語は「なまって」聞こえる。

 それでも、英国やアメリカのネイティヴが話している英語は、やっぱり自由闊達でいいし、自分が話す時の一つの目標になることは確かだ。

 一方、英語のネイティヴじゃない人が話す英語は、別の意味で素敵に感じるし、目標になる。

 大切なのは、伝えたいと思っているその内容と、情熱であって、ネイティヴのように話すことにはそれほどの価値がないと思うのである。
 もちろん、英語圏のテレビや映画などで活躍しようと思ったら、それなりに英語の発音を整えた方がベターだろうけれども。

 世間では、

 ネイティヴの英語>>>非ネイティヴの英語

 という思い込みが強いけれども、そこに注がれた情熱と努力という視点から見たら、

 非ネイティヴの英語>>>ネイティヴの英語

という見方もあると思う。
 私自身も何回か(被害者として)経験したことだけれども、日本人はお互いの英語をネイティヴと比べて(自分たちがネイティヴでもないのに)少しのミスや訛りをとらえてバカにしたりする傾向がある。

 それもあって英語をしゃべることに消極的になっているとしたら、本当にもったいない。

 むしろ、「非ネイティヴの英語>>>ネイティヴの英語」という逆転の価値観を身に着けて、積極的にしゃべるようになれば、ずいぶんと風通しがよくなるし、日本も良い方向に変わっていくと思うのである。

 確認ですけど、以上のように考えたら、ネイティヴじゃない人が話すヘタクソな英語、価値があるよね。

 そうじゃないですか?

 一番大切なのは、何を伝えるか、という話の中身であるし。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

393

茂木健一郎

脳科学者。作家。ブロードキャスター。

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
6つ のマガジンに含まれています

コメント10件

こんにちは。私は英語にとても興味がありますが、赤ちゃんレベルです。話し始めた小さな子が文法考えずに会話するように、今は話せるフレーズが増える事が喜びです。ネイティブからほど遠い私でも自信を持って話していこう!と思えました✨
深く共感いたします。英国在住20年以上ですが、難しい内容でも伝えたいという気持ちが、その時の語学力のリミットに勝った時、さらに語学力が飛躍するという実感があります。文法などそっちのけでも喋り倒す人は英語が上手くなります。

茂木健一郎さんの視点はポジティブで温かいと感銘を受けております。
noteを始めて良かったと思う事の一つです。
これからも、楽しみにしております。
先日Dr. Matsudaの講演を聴く機会がありました。元々、日本人ですが、何と米国のCCCC Committee on Second Language Writingのchairをされております。講演の内容もお話しも素晴らしいものでした。兎に角、浸ることですね。そして内容が大事ですね。 http://pmatsuda.faculty.asu.edu/
まぁ程度の問題はありますね。
Engrish.com で嘲笑されるような、 Election campaign -> Erection campaign と 発音したら相手は笑いをこらえるのに必死で話の内容が耳にはいらなくなりますし。

私はMIT AI Labの客員やってたので、単語末のRを殆ど発音しないNew England訛りの米語が標準です。イギリス語は関西弁のように聞こえますが、関西弁と同様、喋れます。

自然なコロケーションを身に着けるには、深層学習同様、大量のデータを浴びる必要ありますが、外国語は、文法や音法などの形式知を併用して身に着けるもの、それを、「AIに勝つ!」に書きましたが、補足を noteに執筆しました。4/4→6/8拍子に切り替えれば、聞き取ってもらい、話が通じるようになる、というお話です:
https://note.mu/nomuran/n/n9c03ca28c0cb
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。