魂の自発的呼吸の一つの徴表

note(ノート)の方では、できるだけproactiveなことを書きたいと思っている。

 自分だけの言葉を持っている人は強い。

 文章でも、公の場での発言でも、その人が咀嚼して、その人の体を通ってきた、その人だけの言葉は強い。

 逆に、ただ他から来たものをトラップしてパスしただけの、あるいは受け売りの、または権威や大勢に従った言葉は虚しい。

 自分だけの言葉を持つことができているかどうかは、その人の魂の自発的呼吸の一つの徴表である。 

とりあえずこうやってメモしておきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

190

茂木健一郎

脳科学者。作家。ブロードキャスター。

哲学

脳科学者の方々の人生を主体的に動かしていただけるノートを集めています。
1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

『コアな部分に当たるプレゼントをサプライズ!~だってとっても嫌気がさしてるの見てられないッ!』

おはようございます!

私は30歳ぐらいまで自分のオリジナルな意見や言葉、考え方がない事がものすごいコンプレックスでした。

それはお金では買えないと思っていたけど(まぁそうなんだけど)時間があったのでこんなもの読んだってどうにもならないと思いつつもたくさんのどうかな?って思った本を手当たり次第に読んでみました。

中には難しくてわからないのもあったけど私は「机上の空論」も時には大切かもと思うようにもなりました。

私はたぶん友達もすごくできにくいし(そうは見えないらしい)人から激しく嫌われやすいけど(占い師に頼ります)人から受けたご恩はできたら相当なものをお返しして今後もよい関係を築けたらって一応本気で思ったりするんです。

コバンザメの役目をしっかり果たせっていってやんな、このクソ女ッ!
って。俺様にコイツらの相手なんかさせやがって利用する時だけ利用しやがってホントタダのものってよくないわ~って名越先生の講座で最近思ったんです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。