そのためには「偏食」してはいけない。


note(ノート)の方では、できるだけproactiveなことを書きたいと思っている。


人工知能に教えてもらうまでもなく(というか、もともとは人工知能の方が脳からインスパイアされたのだが)、大切なのは大量のデータに接することによるパターン学習である。

たくさん経験することによって、初めて人は個別から普遍へと飛躍することができる。
大量データの個別から普遍への変換は、脳の記憶のシステムの本来業務であり、また常なるチャレンジである。

日々、たくさんの経験に接すること。そのためには「偏食」してはいけない。

とりあえずこうやってメモしておきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

125

茂木健一郎

脳科学者。作家。ブロードキャスター。

自分のお気に3

自分のお気に
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。