根拠のない自信は、偶有性の海に飛び込むジャンプ台

note(ノート)の方では、できるだけproactiveなことを書きたいと思っている。

 根拠のない自信を持て。
 それを裏付ける努力をせよ。

 すべての子どもは、根拠のない自信を持っている。そして、さまざまなチャレンジをしていく。いきなり飛び込んでいく。

 大人になって、根拠のない自信を持っている人がときどき失敗するのは、それを裏付ける努力、チャレンジをしないからだ。

 根拠のない自信は、偶有性の海に飛び込むジャンプ台である。

 ジャンプ台の上に立って、あれこれと喋っていたり、海の様子がどうだと眺めているのではなく、今すぐ、偶有性の海に飛び込むべきなのだ。

 根拠のない自信は必要だが、それはたてこもってまどろむための繭ではないのだ。

とりあえずこうやってメモしておきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

183

茂木健一郎

脳科学者。作家。ブロードキャスター。

いいとおもったnote

いいとおもった記事、わたしの思ってることを代弁してるなあとおもった記事、スキだけじゃ足りないくらいすきな記事、あとで何度も読み直したいなと思う記事をまとめます
1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

おはようございます!
おんなじ事を毎日繰り返し繰り返し
クリエイティブではないけれど
なんの魅力もないけれど
繰り返し繰り返し
おんなじルーティンワークを繰り返す毎日は根拠のない自信かも?しれませんね、確かに~おほほほ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。