粘り強く、犀の角のように、うんうんと続ける


note(ノート)の方では、できるだけproactiveなことを書きたいと思っている。

 持続するということはとても大切なことで、そのことで自分の中に多様性が育つ機械が生まれる。

 生態系が長く続けば続くほど、その中にさまざまな種が分化していくように、続くこと、継続すること自体が価値である。

 だから、粘り強く、犀の角のように、うんうんと続けるのだ。続けた分、色とりどりの花が咲く。

とりあえずこうやってメモしておきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

66

茂木健一郎

脳科学者。作家。ブロードキャスター。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。