絶対に「食えるフリーランスになれる3つの方法」を、食えてるフリーランスのコンサルタントが紹介するってよ。

「フリーランスになりたい」という人が増えています。「社畜になるのはごめんだ」「自分のスキルだけで食っていきたい」「お金なんていらないから自由に暮らしたい」などなど、どうやらフリーランスという生き方がこの時代は人気のようです。まぁ日本の未来に期待できない時代ですからね。こういう思いを描く人が多いのも分かります。なので、今回は起業して一人でコンサルタントをやっている、ほぼフリーランスのような私が、「食えるフリーランス」になるためのポイントを3つに絞ってお話をさせて頂ければと思います。
 なお、ここでいうフリーランスというのは、ライターやイラストレーター、デザイナー、SEやコンサルタントなどなど1人でメシを食っていくことを意味します。東京にいようが沖縄にいようが高知県にいようが、どこでも食っていけるようなノマドワーカー的な仕事になりたい人は参考になると思います。「縛られない自由な生き方をしてぇよ」という人はぜひご一読してもらえればと思います。

まずは社畜になろうぜ!

 まず、食えるフリーランスになりたければ、最低でも1回はちゃんとした会社に勤めてからにしてください。理想を言えば、大企業に勤めることをお勧めします。いきなり大学を卒業してからフリーランスになったり、フリーターからフリーランスになったりするのは絶対に止めてください。
 なぜ、1回はちゃんとした企業に勤める必要があるのかというと、スキルは「辛さ」からしか身につかないものだからです。嫌な仕事、嫌な人、嫌な思い。このようなストレスを与えられることで、人はそのストレスを回避するために一生懸命努力をするようになります。そして、それは今まで自分ひとりでは身につかなかったスキルとなって、確実に自分を構築するための肥やしになっていきます。残念ながらストレスとスキルは比例するものになっており、修羅場をくぐってきた人になればなるほど、食えるためのスキルがどんどん身についていくものです。
 対して、企業に勤めたり、組織に属したことのない人は、どうしても身につくスキルが中途半端なものになってしまいます。人に指摘されることも、アドバイスされることも少なくなるので、ライティングやデザインの幅はどうしても狭くなってしまいます。特にクリエイティブ系のスキルは人に注意されたり、ダメ出しをされたりしなければ独りよがりなものになってしまうので、質の悪いものになりがちです。事実、誰にも文章の指導を受けたことのないライターさんの文章はひどいものですし、独学でデザインを学んだ人のホームページは、やはりお金を払うほどの価値がないものになっているケースのほうが多いです。お金をもらうということは、そもそも他人に迎合することであり、その迎合したものを作れないのであれば、フリーで食っていけるわけがないのです。
 嫌な言い方かもしれませんが、自分の意見を曲げて、相手の要望するものを100%の確率で作っていく力がなければ食っていけるフリーランスになることはできません。大企業に勤めていると、いろいろな嫌な仕事、嫌な人に囲まれて仕事をすることになります。他人に迎合しなければ生きていけません。でも、そのような理不尽な経験をした人は、理不尽なことを理不尽にしないようにするテクニックを知っているので、息長く食えるフリーランスとして生き延びることができます。

「天才」は参考にしてはいけない

 あと、企業に勤めていると人脈ができるのも大きいですね。仕事に困ったこときに助けてくれる人が多いのは、フリーランスとしてはとても大切なスキルとなります。また、サラリーマンのうちに会社の金でたくさん失敗していると、フリーランスになった時に勝負勘がよくなるので大ゴケするようなミスを少なくすることができます。サラリーマン時代に活躍した人が、フリーランスになってからも活躍するのはそのためです。仕事のトライアンドエラーの多い人はやっぱりスキルが高いのです。そういう意味でも、フリーランスになりたい人は、一度は企業で働かれることをお勧めします。

 もちろん、フリーランスの中には会社勤めの経験がなくても成功している人はたくさんいます。私はもともと雑誌編集者だったこともあって、会社勤めを一度もすることなくフリーのライターやフリーのカメラマンになって成功した人をたくさん見てきました。でも、それで食えている人は、だいたい「才能」がある人達です。いわゆる天才と言われる人達です。最初っから誰かに指摘されることなく、相手の要望に100%答えられる作品を作れる人です。でも、そういう天才は業界にはほんの一握りしかいません。つまり再現性のない事例と言えます。だから、凡人は一度でもいいからちゃんとした会社に就職してから、フリーランスを目指したほうがいいと思います。

この続きをみるには

この続き:3,724文字

絶対に「食えるフリーランスになれる3つの方法」を、食えてるフリーランスのコンサルタントが紹介するってよ。

竹内謙礼

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読み終わってこの左下にある透明のハートマークをポチッと押して赤色にしてくれたらこんなに嬉しいことはございません。どうかよろしくお願いします。

26

竹内謙礼

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。