認知的不協和について

毎日更新13日目

たまには、自分が学んだ言葉を復習の意味を込めてnoteやTwitterで発信していこうと思う。新しく学んだ言葉って使わないとすぐに忘れてしまう。

今回は「認知的不協和」という言葉について。

何度も聞いたことはあるし、なんとなくわかってたつもりだけど、先日何かの記事に出てきて、以前読んだ「武器になる哲学」山口周著で復習したので、さらに自分のものにするためにここに書く。

この本の中では2つ例が書かれており、朝鮮戦争当時の中国共産党の洗脳技法とレオン・フェスティンガーというアメリアの心理学者が行った実験について。

【洗脳技法について】
共産党は捕虜となった米兵に「共産主義にも良い点はある」という簡単なメモを書かせ、その褒賞としてタバコや菓子などを渡していた。たったこれだけでバタバタと共産主義に寝返ってしまったという。
これは認知的不協和という言葉で説明できる。
米兵にとって共産主義は敵。ところが捕虜になり、共産主義を擁護するメモを書いている。この時、贅沢な褒賞が出ていれば、「贅沢な褒賞のために仕方なくメモを書いた」ということで、「思想・信条に反するメモを書いた」というストレスは消化される。しかし、実際にはタバコやお菓子などの些細な褒賞。これでは「思想・信条に反するメモを書いた」というストレスは解消しない。ストレスの元は「共産主義は敵である」という信条と「共産主義を擁護するメモを書いた」という行為の間に発生している不協和だから、この不協和を解消するためには、どちらかを変更しなくてはならない。メモを書いた行為は変更できないから、信条「共産主義は敵だが、いくつか良い点もある」と変更することで、「行為」と「信条」のあいだで発生している不協和のレベルが下げることができる。これが洗脳のプロセスだったらしい。

レオンフェスティンガーが認知的不協和の理論をまとめる前の話だったので、共産党おそるべし。

【実験について】
退屈でつまらない作業を長時間にわたって被験者にさせた。その後被験者たちに、「実験は終わりだが、次の参加者を呼んでほしい。その際、この実験はとても面白いと伝えてほしい」と指示したという実験。
要するに「嘘をつけ」と。
被験者を2グループに分けて、20ドルをもらえるグループと1ドルしかもらえないグループ。言われた通りに嘘をついたかどうかの集計をとると、1ドルしかもらえなかったグループの方が「楽しい作業だった」と答える比率が高かったという実験結果だった。

人間は、事実と認知とのあいだで発生する不協和を解消させるために、認知を改める。「好きではない」という認知と「あれこれと世話している」という事実は不協和を発生させる。「あれこれと世話している」という事実は改変できないから、不協和を解消しようとすると「好きではない」という気持ちを、「少しは好意あるかも」と改変してしまうという内容。

今日出てきた2つの例からは、人の弱点的な印象を与える話に聞こえたけど、プラスの側面も持っていると思う。
使い方次第だ。

洗脳された後や実験の被験者になった後に、今回の認知的不協和という言葉を重ねて考えることで、さらに思考は前に進めることはできるし、自分の不協和を調整する上でポジティブな内容であれば、次の自分の行動は楽しくなると思う。

【言葉を使ってみる】

覚えた言葉を使って練習をしてみる。もし間違いあったら、教えてください。

①家を買ったあと、住み続けてしまうのは、家を何個も買うことができる経済状況にない場合は、住めば都という言葉からもわかるように、住みながら家やその周辺の魅力を自分の中で見つけ出して、住み続ける理由を作り続ける。
家を買ったという事実は変えられない前提で考えているからだ。

②「人生で無駄なことなんてない」という考え方って、認知的不協和の要素がある思った。目的を達成するために行動をする。達成できることもあれば失敗することもたくさんある。
人間の思考や発想って、段階を追って積み重ねで論理的に進むものもあるが、突発的に出てくることもあるので、回り道をすることで思わぬ発想を見つけることもある。
原因と結果を求めすぎると、いい行動プランが出てこない限り行動に制限がかかって動きがとれなくなるので、とりあえずチャレンジするというまったく論理的ではないことを正当化する必要がでてくる。
つまりポジションに認知的不協和を使う必要がある。
失敗は糧になるものもあればならないものもある。
回り道をしたという事実は変えられないので、認知的不協和によって回り道に意味を見出し、ストレスを和らげて行動を重ねることで、より多くの経験を重ねて、目標達成に向けて進んでいくことができる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートで、他の作家さんをサポートさせていただきます。

スキに感謝です ありがとうございます
2

けんたろう

毎日更新してます。考えたこと、感じたことを書いています。不動産屋に勤めているので、出勤前にチェックしている不動産ニュースもまとめて配信してます。https://twitter.com/kensaikey
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。