7/15 難波周辺の写真と日記

8時半起床。

今日は木曜日に控えているプレゼンの原稿をどうしても作成しなければならない。

昨日買ったTシャツの着丈がどうしても気になるので、近くの裁縫屋さんへもっていく。3センチ短くしてくださいとオーダー。

Tシャツの着丈というのは、いつも気になってしまう。ぼくは身長が160㎝しかないので、最近はやりのダボッとした着こなしがどうしても似合わない。

昨日購入したTシャツはそのたぐいではないものの、ちょっとだけオーバーサイズなのが気になってしまった。

そんなに気になるのであれば、最初から一番小さいサイズを買えばいいじゃないか。と思うかもしれないが、一番小さいSサイズを購入している。

たかが着丈と思うかもしれないが、ちょっとでも気に入らないところがあると、そのTシャツを購入した意味がない。

せっかく買ったんなら一番自分がテンションの上がる着方をしたい。

とかなんとか考えているうちに、11時を回った。やばいやばい、今日はプレゼンの原稿を書くと決めたのだった。

家の近くの上島珈琲へ。アイスコーヒーを頼んで一息つく。

更新したnoteに「スキ」がついていたので、どんなひとがつけてくれたのかな?と興味深々で見に行く。先日公開した、ベトナムの写真を掲載した記事にスキがつけられていた。

我ながらいい写真が撮れたよなあ、とかなんとか思っているうちに11時15分。

今日はプレゼンの原稿を作る日だった。

やっぱり環境がちがうと集中するまで時間がかからない。一気にエンジンがかかって、50分ほどで原稿の半分を書き上げる。

集中力が切れたタイミングと、肌寒いなと思ったタイミングがぴったりだった。

ちょうどいいやと思い、アイスコーヒーを一気に飲み干す。

なんとなく難波に場所を移そうと思い、店を出る。

miu  miuのブランドカラーっていつも最高だよなあ、とか思いながら歩く。ひとつ前は黄色とゴールドの中間色みたいなやつだったが、それも最高だった。

半年に一回くらい寄りたくなる洋服屋さんに立ち寄る。南船場にあるコムデギャルソンだ。

確か半年前にいったときは、ナイキとのコラボパーカーがおいてあって、買おうかどうしようかかなり迷って結局買わなかった。

まだあったら買っちゃおうか...と思っていたがなかった。

店内をぐるりと一周する。

20人くらいお客さんがいたが、おそらく全員韓国人の観光客。たくさんの紙袋を下げていた。

ある一角の小さなスペースに7、8人くらいのお客さんが必至になって商品を漁っていた。近づいてみると、プレイシリーズのTシャツがそこにあった。

コムデギャルソンプレイは、ハート形のプリントに目が入っているやつ。たぶん写真をみればあー、これね。となると思う。

ぼくもちょっと見たかったが、あまりにもお客さんがどかないので、諦める。

2階へ。

2階も店内をぐるりと一周する。1階よりもコレクション向けの商品が多い。しかし、それらの商品にはみんな目を向けることなく、そこでもとあるスペースにお客さんが集中している。

「CDG」とシンプルなロゴマークが入っているパーカーやTシャツ、ロンTが売っているスペースだった。

これを見て、お土産屋さんみたいだなあ。と思う。

奇抜すぎるコレクション向けの商品を買うひとは、ひと握り中のひと握りだと思う。

でもコムデギャルソンというブランドは世界的にも有名だから、せっかく日本に来たんだし、とりあえず普段でも着られるようなものを買っておくか。

という心理だと思う。違ってたらごめんなさい。

まあ、でもこれができるから、そしてこれで売り上げを伸ばしているからコムデギャルソンなんだろうな。と。

何かの記事で川久保さんが、「デザイナーであればこそ経営もする」と言っていたのを思い出す。

しかし、あれだ、今日はプレゼンの原稿を作る日だった。

お店を出て、堀江のスターバックスに入る。ここでも一気にエンジンがかかり、残り半分の原稿を書きあげる。

あと1割で完成というところで、集中力が切れる。

歩くのも書くのも疲れたので、地元の駅に戻る。お昼ご飯を食べない状態で15時を回っていた。

刺身がどうしても食べたいと思い、海鮮居酒屋に入る。しかし、メニュー表をみると、ランチは終了しましたと。

ここまで来てお店を出るわけにはいかないので、寿司盛り合わせとカツとじを注文。あとビールも。

ひとりでお酒なんてほとんど飲んだことがないけど、真昼間から飲むビールは最高だった。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
2

けんけん

アプリやWEBサイトの運営をしています。音楽を聴いたり、動画編集が趣味です。最近写真を始めました。

日常

日々、考えたこと。体験したことなど。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。