忘れらない言葉のマイクロインタラクション

2017年の夏、ひどく蒸し暑い夜のことである。

僕が住む街の駅から5分ほど歩いた路地に、その居酒屋はある。その店には4〜5年ほど前から、しばしば飲みに訪れていた。
仮に店の名前を「ひかげ」とする。
ひかげは串焼きを中心にその季節の旬の一品やつまみなどのメニューが豊富で、とにかく何を食べても美味しい。おまけにどの店員さんも感じが良い。店内は広くはないけれど居心地が良く、人気があっていつも混んでいた。
僕はひかげのファンだった。

その夜、僕は彼女とともにひかげを訪れた。週末のせいか、夜遅めの時間帯にも関わらずカウンターもテーブル席も常連客で埋まり、僕たちは壁際に簡易的につくらた小さな席に通された。そこで体を小さくすぼめながら、チューハイを注文して飲みはじめた。いつもタイミングが混んでいる時間帯に重なってしまうせいか、その壁際の小さな席に通されることが多かった。かなり小さくて狭いので決してリラックスできる席ではないが、それでもひかげで飲んだり食べたりしながら、熱帯夜のけだるさをチューハイで洗い流すことに満足していた。

注文した「しらすのマリネサラダ」がテーブルに運ばれてきた。
柑橘の香りが効いた爽やかな味が好きで、よく注文しているサラダだった。そのしらすのマリネサラダが、いつもとちょっと違っていた。しらすのボリュームがいつもより多い。多すぎてしらすがこぼれていた。ムロツヨシっぽい雰囲気の店員さんは手渡すときにニコっと笑って軽くアイコンタクトをしてきたが、特に何も言わずにマリネサラダを置いて厨房へ戻っていった。最近はボリューム多めにしてるのかな?くらいにしかその時は思わず、僕と彼女はフフッと機嫌を良くしてばくばくとサラダを食べ始めた。

僕は店員さんに対していわゆる「常連」のような振舞いをするのがあまり好きではない。だから自分から店員さんへ慣れなれしく話かけることもほとんど無く、4〜5年程通っていながら親しくなった店員さんは1人もいない。僕らはただ黙々と、美味しいお酒と美味しい料理を食べて帰るだけの客に過ぎなかった。
反対に店員さんの方から積極的に話しかけてくることもないが、適度な距離感で接客してくれる心地良さが好きだった。
そんな調子だから、僕は自分がよく来る常連客として認識されているかどうかも知らないし、むしろ「無愛想な客だな」と思われているかも... とすら思っていた。

飲み食いを終え会計も済ませて、店の外に出たときのことだ。「ありがとうございました〜」とムロツヨシがニコニコと見送りをしてくれた。しらすのことをふと思い出し、「しらす、ありがとうございました」と僕は言った。すると、ムロツヨシは一瞬目を丸くしたあとに、またニコニコしてこう言ったのだ。

「だってお二人いつも席が壁際になっちゃってるから・・・また来てくださいね」

なんでもないような一言。本当にちょっとした一言だけど、心が揺さぶられた。なんだか無性に嬉しかった。
全然話したりしないけど、ちゃんと顔を覚えてくれてるんだ!
「いつも席が壁際になっちゃってること」を認識してくれていたんだ!
それでしらすをさりげなくサービスしてくれたんだ!
「いつも席が壁際になっちゃってるから・・・」のその先をあえて言わない、情感あふれる台詞。黙々と飲んで食べてるだけの面白みのない僕らに、この一言をサラッと言えるセンス。
料理も美味しく、居心地も良く、店員さんの雰囲気も良い、それだけでもうファンなのに。さらに、帰り際のさりげないこのちょっとした一言。
ギュっと、心をわしづかみにされた瞬間だった。

「だってお二人いつも席が・・・」
帰り道。もうお酒にはそれほど酔っていなかったが、耳に残るその言葉への酔いはまだ今も続いているような気がする。


---

あとがき

僕は「つみき」という会社でサイトやアプリのUXやUI設計に携わる仕事をしています。いつも思うのは「ちょっとしたことって大事」ということです。

今回タイトルで「マイクロインタラクション」という言葉を使いましたが、この話の中で僕は「ユーザー」で、ひかげは「サービス」で、最後の店員さんのちょっとした一言は「マイクロインタラクション」だったのかな、と思ったのです。
「しらす、ありがとうございました」「あ、いえいえ。また来てくださいね。」だったら、結果は全然違っていたはずです。
この言葉のマイクロインタラクションが、ユーザーである僕の予想を越えて体験を大きく変えたのだと思います。

ちょっと拡大解釈になってる気もしますが、この一言を言える店員さんの行動や、さりげない一言を受けた自分の喜び、そういった出来事の考察をしてみることで、何か見えてくるものがあるのでは、、、とまたチューハイを飲みながら考えたりするのが好きなのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ワオ!
16

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。