料理を勉強するならcakesがオススメかも、という話です

私はいま、cakesというメディアで有賀薫さんの『スープ・レッスン』と樋口直哉さんの『「おいしい」をつくる料理の新常識』というふたつの料理連載を担当しています。

連載を担当するまでは、レシピサイトを見たり料理本を買って、時折かんたんな料理をつくったりはしていたものの、一向に料理が上達する気配はなく…。でもcakesで毎週、いただいた原稿を確認して料理を試作していくなかで、料理が楽しくなってきたし、料理の考えかたも見えてきて上達してきたかも、と思うようになりました。

ちょうど1/1〜1/6まで料理連載の無料キャンペーンをやっているので、この機会にcakesの料理連載をご紹介したいと思います。(私が担当しているものが中心になります…)

料理の基本的な考えかたを身につけられる連載

この連載は、「味噌汁」「焼き魚」「ステーキ」「ハンバーグ」「サラダ」など家庭でおなじみの料理をつくりながら料理の基本を学べるつくりになっています。著者はnoteでもおなじみの作家・料理家の樋口直哉さん。

2019年1月1日現在、31の記事がアップされていますが、過去の記事で学んだことが別の料理で活かせるという経験が増えてきました。たとえば先月頭に公開された『ブリの照り焼き』では表面に焦げ目をつけて、身はふっくらさせるコツが書かれていますが、これは過去にやった『ポークソテー』『ステーキ』、さらには『豆腐料理』『目玉焼き』にも共通する考えかた。

どういうことかと言うと、表面は強めに加熱することで、メイラード反応による香ばしさを出し、中は加熱しすぎて水分が飛ばないようにゆるやかに熱を通す。だから外はこんがり、中はジューシーになるんですね。

焼き魚とステーキ、焼き豆腐という一見するとまったく別の料理が、同じロジックでつくられているんです。これと似たようなことは、連載を重ねるたびに増えてきていて、直近でいうと『お雑煮』のレシピにある出汁のとりかたは第2回の記事で紹介した「旨味の相乗効果」のことが活かされているし、野菜の茹でかたには『お浸し』の回の知識が参考になります。

思えば、以前はレシピを見て「なぜそのような工程を踏むのか」を理解せずに、ただレシピに書かれている通りに、言わばレシピのロボットのように料理していたから料理がおもしろくなかったし、いっこうに上達しなかったのかもしれません。

この連載を読んで料理をつくっていけば、料理のしくみがわかっていくので、きっと料理が上達していくはず、と思います。

現代人の食生活の悩みに寄り添う、やさしい連載

スープ作家・有賀薫さんの『スープ・レッスン』は、やさしさ溢れる連載です。コンセプトは『旬の野菜をたっぷり味わう究極のシンプルスープのレッスン』。

いま単身世帯が増えて、仕事も忙しくて帰りも遅く、できれば料理したいのにできない、という方も増えていると思います。野菜もなかなか採れなくて栄養面に不安を抱えつつコンビニ弁当などで済ませてしまったり。私自身、一人暮らしをしていた時には、家に帰るのは11時くらいで、そこからなかなかつくる気になれないし、つくったとしても材料が余ってしまうし、夜中に食べると胃がもたれるしで、あまりよい食生活を送れていませんでした。

なぜスープなのか。著者の有賀さんのことばを引用します。

簡単で失敗しにくい、作り置きがきいて無駄がない、朝や夜遅くに食べても体に負担がかかりにくい……スープの最大の特長は、作る、食べる、両面において、楽であるということです。コトコト煮込んで時間をかけ、だしをしっかりとるイメージが根強いですが、食材の特性をうまく生かせば、短時間でも十分においしいスープは作れます。

『スープ・レッスン』のスープは20分以内でつくれるものがほとんどで、3ステップで簡単につくれます。鍋ひとつで作れて、食べるにもお皿一つあればよいので、片付けるのもラク。食べてみるとわかりますが、本当にやさしい味わいでお腹にも負担がすくないのです。

旬の野菜をたっぷりと使うので、材料を余らせることがあまりないのもうれしいところ。たとえばこのキャベツとベーコンのスープは1/4個のキャベツをたっぷり使っています。

連載を担当して驚いたのが旬の野菜のおいしさです。手の込んだ料理をしなくても、旬の食材のおいしさを上手に引き出してあげれば、驚くほどおいしい料理を味わうことができるのです。旬のにんじんがこんなにおいしいんだと知れたのは『にんじんの塩スープ』の記事。

料理のハードルって、時間がないとか、レシピがむずかしいとか、いろいろあると思いますが、「料理がおもしろくない」という部分が大きいのかなと思います。この連載のいいところは、レシピに余白がたっぷりあって、アレンジしやすいこと。有賀さんのtwitterを見ていると、たくさんの方がスープレッスンのレシピをアレンジしてつくってくださっているのが分かります。

なぜアレンジできると楽しいのでしょうか。そこには自分ならではの創作や表現があるからだと思います。創作の楽しさ。それは絵を描いたり、文章を書いたり、スポーツのプレイで自己表現したりするのにも似た楽しさかもしれません。

スープレッスンは極限まで素材・調味料を絞った究極のシンプルレシピ。だからこそ、アレンジの余白がたっぷりあります。ぜひ、自分ならではのアレンジで料理を楽しんでみてください。


cakesにはほかにもたくさんの料理連載があります。これらが全部、月500円で見られるのだからお得ではないでしょうか。笑

ということで、料理を勉強したい人、おいしいものを作りたい人に役立ちそうな連載をピックアップします。

『スープレッスン』の有賀薫さんがスープ料理の基本を全8回でまとめてくださった、いわば『スープレッスン』の副読本。「30分で読める教養」というコンセプトでつくられているスマート新書の1冊でもあります。

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していきます。おいしいレシピが多くてcakes編集部員にもよく作られています。

カレーの達人が20年以上かけてたどり着いた究極のレシピ、その名も「ファイナルカレー」。書籍化もされています。ピースオブケイクのイベントではたびたび振舞っていただいていますが、とてもおいしいです。


上記はcakesオリジナルコンテンツですが、このほか出版社から提供いただいた魅力的な料理連載も多数あります。(解説は連載ページの説明文から引用します。)

休日の昼ごはんって、いつも「あるもの」で「テキトー」になりがちじゃありませんか? たぶん、ほぼ日本初の休日昼ごはんレシピ本『休日が楽しみになる昼ごはん』(文響社)から選抜した昼ごはんアイデアをお届けします。
毎日クタクタの”瀕死状態”で帰宅して、なかなか自炊ができない……。本連載では、そんな”毎日が瀕死”の状態でもサッとつくれて、ごはんの力でちょっぴり元気になれる超カンタンレシピをご紹介していきます。コンロは1つ、道具は包丁・フライパンなど最低限のもの、調味料も基本の「さしすせそ」+αだけでOKです。コンセプトは「自分に優しく、ゆるーく料理しよう」。癒し系レシピコミックを、どうぞお楽しみに!
日本初! 全世界196ヵ国196品の料理が知れるレシピ連載が始まります。しかも、そのレシピのほぼすべてが「スーパーの材料で、簡単に」作れるものばかり。旅行が好きな方はもちろん、毎日の料理にマンネリしている方も。みなさんがまだ見たこともない美味しさに、組み合わせに、つくり方に出会えます! 12月16日発売『全196ヵ国おうちで作れる世界のレシピ』より特別連載。
「おいしいもの食べたいけど、料理がめんどくさい!」そんな人にこそおすすめしたいのが「放置料理」です。時間はかかるけど、放っておくだけで完成するので、手間いらず。しかも、めちゃくちゃおいしいのです!!2018年5月17日発売予定の『放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる』から、おいしそうで、おもしろくて、作りたくてうずうずしちゃう料理をご紹介する連載、スタートです!
大の肉好きである料理研究家・行正り香による、肉好きの、肉好きのための、肉のレシピ。話題の「ポンドステーキ」(アメリカでメジャーな500gぐらいの大きな肉でつくるステーキ)や、とんかつ、しょうが焼き、角煮など肉料理の定番など、「食べたい! 」「つくってみたい! 」と思う、ジューシーな肉レシピをご紹介。今日から肉の達人になること必至です!
『助けて! 箸が止まらない~!!』Twitterフォロワー数10万人突破、TVでもたびたび取り上げられるなど、今SNSで一番”バズってる”噂の料理研究家・リュウジが、満を持してcakesに降臨! 本連載では、なかでも人気の「おつまみレシピ」を毎週金曜日、全8回でお送りします。どれも家にある材料でサッと作れるものばかり。読んだら作りたくなる♪ 作ったら飲みたくなる♪ 頑張るあなたの晩酌が少しだけ楽しくなる、簡単絶品レシピをお楽しみください!
安野モヨコの漫画「オチビサン」で、四季のうつろいの中に、いつもあたらしいことを発見するオチビサンとその仲間達。
「オチビの台所」は、オチビサンにまつわる"季節の料理"を、料理研究家の林綾子さんがレシピにしてくれました。鎌倉の豆粒町にあるオチビサンの家の、台所をこっそりのぞくような気持ちで読んでみてくださいね。
アフロで無職で独身の、稲垣えみ子53歳。朝日新聞退社後、激変したのは食生活。メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、超低予算ながら、本人はいたって満足。冷蔵庫なし、ガスコンロは一口、それでもできる献立とは!? レシピ本不要、作り置き不要、準備は10分でOK。今日もおいしく、いただきます!


こうして並べてみると、いろいろな連載があるなぁと改めて感じます。
今年から料理を本格的にはじめようという方、もっと料理うまくなりたいと考えている方、ぜひともcakesの購読をご検討いただけたらうれしいです。
1週間150円。ペットボトル1本分の値段です。

ここで紹介した連載の一部は1/6まで期間限定で無料公開(初回〜第10回まで)しています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです!
53

Kensuke Izawa

#フード 記事まとめ

レシピやグルメ情報、料理や食文化に関する考察など、食にまつわる記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。